成婚までを徹底サポート【結婚相談所ならワンブライド】

0120-973-612

平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00 ※火曜日定休

平日 10:00~20:00
土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休

- Blog -婚活お役立ちブログ

結婚相手に求めるものとは?男性と女性の違いも解説!

結婚相手に求めるものは、男性と女性とでは異なることをご存知でしょうか。

それぞれの求めるものを理解しておくことが、婚活においても相手への理解を深める第一歩となります。

この記事では結婚相手に求めるものについて詳しく解説していきます。

自身の求める理想の相手と出会う方法も紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

恋人と結婚相手では求めるものが全く異なる

恋人としてお付き合いをしている時は上手くいっていたのに、結婚するとなると急に上手くいかなくなった、という経験をした人は少なくありません。

それは恋人関係である間と、婚姻関係にある間では求めるものが全くことなるためです。

まずは恋人に求めるもの、結婚に求めるものについて紹介していきます。

 

恋人に求めるもの

恋人として一緒にいる上で特に重視されやすい項目は、優しさや思いやりがあるかどうかといった内容はもちろん、浮気をしないかどうかも気になるところ。

さらに恋人と一緒にデートをする際などにルックスに気を遣っているか、清潔感があるかといった要素も求められています。

 

結婚相手に求めるもの

結婚相手に求められるものは、恋人時代にも求めていた一緒にいることへの安心感や楽しさ、また優しさや思いやりがあることが重視される点は同じです。

しかし結婚となると生活を共にするということから、経済力や家事や育児に対する能力、金銭感覚などより生活に必要不可欠な項目についても相手と共有していく必要性が出てきます。

そのため必然的に相手の経済力などを、恋人の時よりも強く意識して求めるようになるということです。

結婚相手に求めるもの4選

恋人相手と結婚相手では求めるものが異なることを紹介しましたが、具体的にどのような内容について結婚相手に求める傾向があるのか、実際に結婚相手に求めるものを詳しく解説していきます。

 

一緒に過ごしていて気が合う

最も基本的なことと言えますが、一緒に過ごしていて気が合う、楽しいと感じられることはとても重要です。

結婚する前から、恋人の時点でこうした気持ちがない場合にはお付き合いを続けることが難しいと考える人がほとんどです。

 

家事や生活の能力

男性が女性に求める場合が多い項目でしたが、最近では共働きという家庭も増え、夫婦で家事を分担する家庭も一般的になってきました。

そのため結婚相手の生活能力が重要だと考える人も多く、家事が全くできない相手と結婚すると家事を全て自分だけで負担することになるなど生活をする上での不安が残ってしまいます。

しっかりと話し合って家事を分担することができる関係性を求める人が多くなってきています。

 

思いやる気持ちや優しさ

結婚相手に限らず、日頃からお付き合いする相手には優しくされたいと思うものです。

しかし結婚相手となると、自分の生活のほとんどを一緒に過ごすことになるため、思いやりの気持ちや優しさを互いに持っている関係を求める人が大多数と言えます。

 

金銭感覚や経済力

金銭を共有するかどうかは夫婦により考え方が異なりますが、一緒に生活する上では金銭の問題は切っても切れない関係にあります。

また女性は男性に一定以上の年収を求めていたり、安定した経済力を求める傾向にもあります。

結婚後も共働きをする場合には、女性にもある程度の経済力や、無理のない金銭感覚が要求される場合がほとんどです。

結婚相手に求める年収の条件とは?

結婚相手に求める条件の中に、経済力が含まれていることを紹介しました。

具体的に、どれくらいの年収が結婚相手に求める条件となっているのかについて、最低年収と理想の年収をそれぞれ解説していきます。

 

結婚相手に求める最低年収

結婚相手の経済力が豊かであればあるほど、生活はゆとりのあるものとなります。

しかし実際は高収入の相手ばかりではないため、結婚相手に求める最低限の年収が問われる場合も多々あります。

最低年収は平均して300万円ほどと考えている人が多く、年収300万円あれば贅沢をしなければ普通に暮らしていくことができるといった考えの人がほとんどです。

年収300万円に加えて、夫婦で共働きをすることで旅行したりといったプラスの楽しみを満喫する家庭も多くあります。

 

結婚相手に求める理想の年収

次に、実際に求められる理想の年収については、年代により考えが異なっています。

30代までは4500万円、40代からは5600万円の年収が理想とする考え方が多く、結婚相手に求める最低年収よりも100万円ほど多い結果となっています。

年収が100万円違っていれば、生活水準も高まりより豊かな夫婦生活ができるようになるため、相手に求める理想の年収はこうした結果となっているようです。

結婚相手として選ぶ際に注意すべきポイント

結婚相手に求めるものを紹介していましたが、それらの条件をクリアしていたとしても気を付けるべき結婚相手は存在します。

一緒に居て楽しかったり、経済に余裕があったりする場合にも、結婚相手として選ぶ時には注意したいポイントを紹介します。

 

仕事に対して不誠実

仕事は収入に直接関わる大切な要素ですが、仕事に対して不真面目だったり不誠実な人の場合は、いくら一流企業に勤めていても昇進できなかったり、最悪の場合は解雇になるなどのリスクがあります。

仕事を一生懸命頑張っている人は、現在の年収が低かったとしても将来的に昇進するなどして年収が増える可能性もあるため、仕事を真面目にしているかどうかは重要なポイントです。

 

浮気癖がある

浮気をしたり不倫をしたりといった、夫婦生活そのものを脅かす可能性がある癖を持つ人には要注意が必要です。

異性関係に対してしっかりと自信を律することができない人と結婚しても、結婚を機に浮気癖が治るといったパターンはほとんど考えられないため信用してはいけません。

 

金銭感覚のズレ

夫婦生活をする中で金銭感覚についてのズレが不安となり、意見が食い違ってしまうことが多くあります。

将来のために貯金をしたいと考えている傍ら、結婚相手に浪費癖があるなど、貯金ができなかったり思っている以上にお金を使いこんでしまうなど、金銭に関するトラブルは結婚生活の危機となりますので注意しましょう。

結婚相談所で自分の求める人と出会う

結婚相手に求めるものを紹介しましたが、結婚は人生の一大決心となるためなるべく自分の理想に近い人と結婚したいものです。

しかし限られた出会いの中ではどうしても妥協しなければいけない場面も少なくありません。

結婚相談所に登録することで、より自身の理想に近い結婚相手を見つけることができるようになる場合があります。

また結婚相談所では結婚についてのプロに相談できるなど、結婚への不安を解消することも可能です。

Share

ご不明点などお気軽にお問い合わせください

相談
無料
0120-973-612

受付平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休