結婚をするには貯金が必要というイメージが一般的ですが、貯金がなくても結婚は可能なのでしょうか。

貯金がなくても結婚ができるかどうか、必要な費用なども含めて知っておきましょう。

今回は貯金がない場合の結婚について詳しく解説していきます。

具体的な費用について相談する方法も紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

">
成婚までを徹底サポート【結婚相談所ならワンブライド】

0120-973-612

平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00 ※火曜日定休

平日 10:00~20:00
土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休

- Blog -婚活お役立ちブログ

貯金がなくても結婚できる?結婚に必要な費用も併せて徹底解説!

結婚をするには貯金が必要というイメージが一般的ですが、貯金がなくても結婚は可能なのでしょうか。

貯金がなくても結婚ができるかどうか、必要な費用なども含めて知っておきましょう。

今回は貯金がない場合の結婚について詳しく解説していきます。

具体的な費用について相談する方法も紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

貯金がなくても結婚は可能?

結論から言えば、結婚そのものは貯金がなくても可能です。

しかし結婚には現実的にどうしてもお金が必要となるため、貯金がない場合には様々な工夫や妥協が必要になります。

 

貯金があるに越したことはない

金銭的理由から夫婦揃っていろいろと妥協することになりますが、相手も妥協してくれるとは限りません。

そのため貯金はあるに越したことはありません。

貯金がない場合の結婚には、結婚式や新婚旅行ができなかったり、結婚後の生活においても万が一のトラブルに対応できなかったり、貯金がないことを不安に思う人がほとんどです。

貯金がない相手と結婚するのは不安?

貯金がない相手と結婚することに対して不安を抱く人も少なくありません。

また夫婦揃って貯金がなく、納得したうえで結婚する場合でも結婚には思っている以上に費用がかかるため、結婚式などを妥協したり、諦める必要が出てくることもあります。

まずは貯金がない相手と結婚する時に考えられる不安について紹介していきます。

 

結婚に必要となる費用が不安

結婚は婚姻届けを提出することで成立するため、貯金がなくても結婚そのものは可能です。

しかし結婚には結婚式や新婚旅行、そして二人ではじめる新生活など、現実は資金がどうしても必要となります。

結婚について必要となる費用から考えると、貯金がない場合にキャッシュで支払うことは難しいことから、例えば新婚旅行を諦めたり、結婚式を小規模なものに妥協したりといった工夫をすることになりかねません。

 

結婚してから貯金ができるか不安

結婚式や新婚旅行を工夫して乗り切ったとしても、結婚後に貯金をすることができるかという不安が残ります。

結婚生活では万が一のトラブルなどで、急にお金が必要となることも少なくなく、将来的に子どもができればさらに出費は大きくなります。

そうした万が一の時に使える貯蓄をしたいと考える人も多くいますが、結婚までに貯金できなかった相手に対して結婚後に貯金ができるかと問われると不安になります。

結婚に必要となる費用

具体的に結婚にはどれくらいの費用が必要となるのか、意外と知られていない情報のため知らない人も多いのではないでしょうか。

結婚式の規模や、新婚旅行の行先などにより費用は大幅に変動しますが、平均的な相場で紹介していきます。

 

結婚式にかかる相場

結婚式にかかる費用の相場は350万円ほどと言われています。

貯金がないとなかなか難しい金額のため、貯金がない場合には結婚式そのものを諦めたり、規模を小さくしたりといった妥協や工夫を強いられる場合もあります。

また規模や会場によってはさらに高額になる結婚式もあり、ピンからキリまで費用の幅があります。

夫婦間で費用の相談をしながら、現実的な結婚式を計画していく必要がありますが、貯金がないと選択肢はかなり限られてしまいます。

 

新婚旅行にかかる費用

新婚旅行に必要となる費用の相場は60万円ほどと言われています。

行先や宿泊先にもよるため一概に60万円あれば理想の新婚旅行ができるかというとそうでもない場合もあります。

国内旅行か、海外旅行かによっても費用は大きく変動し、海外のどこに行くのかによっても円高や円安による費用の変動があります。

移動と宿泊、行先で使用する予算などを何度もシミュレーションしておくことで、予算以上の出費を最小限に抑えることが可能になります。

しかし貯金がない場合にはどうしても行先も宿泊先も限られてしまいます。

 

新生活にかかる費用

結婚式と新婚旅行を終え、夫婦での新生活を開始する時に必要となる費用の相場は70万円ほどと言われています。

住む場所、家具家電、その他諸々の費用で70万円ほどが相場と言われていますが、新生活についても生活水準によってもっと費用が掛かる場合もあれば、70万円以下で新生活を開始することができる場合も。

貯金がない場合には、家を決めてから最低限の家具と家電などを揃え、急がない家具などを後から順番に揃えていくこととなります。

しかし最初の生活開始の時点で相応の資金が必要となり、結婚式や新婚旅行は諦めることができますが貯金がない場合には新生活を始めることは難しい問題となります。

どちらかの実家に住ませてもらうことになるなど、貯金がない場合の選択肢は限られてしまうのが問題点です。

貯金がない場合の対策法

貯金がない場合に、行動が限られてしまうことを紹介しました。

しかし今から貯金をするにも間に合わない、と思った場合にはブライダルローンを検討する方法があります。

ブライダルローンとは、結婚について必要となる費用を借りることができる仕組みです。

 

ブライダルローンを検討

ブライダルローンで借りることができる結婚の費用とは、挙式から披露宴、婚礼衣装、そして結婚指輪や新婚旅行に必要となった費用が該当します。

また新生活に必要となる家具や家電、住宅の入居に至るまで、結婚だけでなくから新生活までの結婚に関わる費用を借りることができます。

また借りる理由が結婚をするためという限定的な理由に限られているため、金利も低くなっていることがほとんどです。

ブライダルローンは、一般的なカードローンなどと比較した場合に審査が厳しめになる傾向にあります。

審査基準については様々ですが、安定した収入がなければまず審査が通ることはありません。

 

ブライダルローンの返済方法と注意点

ブライダルローンの審査が通り、借入することができた場合の返済方法は、ブライダルローンを組む時に決定します。

金額が大きなローンとなるため、金利の差により数十万円もの違いが出る場合もあり、計算は慎重に行うべきです。

またブライダルローンは借金となるため、結婚生活が始まってから返済していくことも考えて借りる必要があります。

結婚生活が始まってからの家計を慎重に検討してから利用する必要があるため、注意が必要です。

結婚相談所で費用について相談する

結婚に関する費用については、相場で計算せずに、しっかりと具体的な数字で計算して計画するようにします。

結婚に必要となる費用は決して安くないため、具体的な金額を何度もシミュレーションして計算することとなりますが、結婚に必要な費用の詳しい計算方法はなかなか素人にはわからないものです。

結婚相談所で結婚について必要な費用を相談することで、結婚のプロが結婚に関わる費用をアドバイスしてくれます。

忘れがちな項目もしっかりアドバイスしてくれるため、結婚に関する費用の計算は結婚相談所で相談することをオススメします。

Share

ご不明点などお気軽にお問い合わせください

相談
無料
0120-973-612

受付平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休