成婚までを徹底サポート【結婚相談所ならワンブライド】

0120-973-612

平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00 ※火曜日定休

平日 10:00~20:00
土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休

- Blog -婚活お役立ちブログ

一生独身がいいと考える男性の特徴とは?

世の中には一生独身がいいと思っている男性も一定数いるということをご存知でしょうか。

独身のまま生きていきたいと考える男性について知っていきましょう。

今回は一生独身のまま過ごしたいと考えている男性の特徴とメリットについて紹介していきます。

結婚したいと思った場合の相談方法も紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

生涯未婚率は約23%

まず日本における生涯未婚率は約23%ほどというデータが出ており、およそ4人に1人が未婚のまま生涯を過ごしていることになります。

結婚したいと思っていても結婚できないまま生涯を過ごした人もいれば、あえて結婚せずに生活してきた人もいます。

意図して一生独身で過ごした男性の割合については正確な数値が出ていないものの、様々な理由で生涯独身を選択している男性は少なくありません。

一生独身でありたい男性の特徴8選

ここからは一生独身で過ごしたいと考えている男性の特徴を8つ紹介していきます。

一生独身で過ごしたいと考える男性の特徴から、様々な考え方を知ることで結婚に対する考え方を整理してみるのもいいかもしれません。

 

恋愛そのものに興味がない

そもそも恋愛や異性に興味がない場合には、結婚したいと思うこともないというパターンです。

恋愛よりも仕事やプライベートが楽しいと考えていたり、過去に苦い恋愛の経験があって恋愛をしたいと思えなくなったなど、理由は様々です。

また子どものころに自分の両親が離婚しているなど、結婚や恋愛そのものに良いイメージがない家庭環境の場合にも恋愛に興味を抱けなくなるケースがあるようです。

 

収入が不安定で恋愛に自信がない

恋愛にはどうしてもお金が必要となりますが、収入が不安定な状態が続いていると恋愛も結婚もなかなか難しい場合があります。

恋愛において男性側の収入が不安定だったり、低収入が続く場合には、金銭的に彼女へ負担をかけることにもなりかねません。

そのため、金銭的な問題で恋愛に対して自信を持つことができない男性も一定数います。

 

自分の時間が何より大切

誰かと過ごす時間よりも、自分自身のために使う時間が大切だと考える人は、恋愛も結婚も興味がない場合が多く、生涯自分のために時間を使いたいと考えています。

趣味であったり、仕事であったり、のめりこめるものが既にあり、そこに恋愛をプラスすると恋愛が邪魔になってしまうと考え、そもそも恋愛に興味がないという結論に至る考え方です。

 

潔癖症すぎる

潔癖症の人は一定数いますが、恋愛や結婚は生活の一部または全てを共同にすることです。

しかし潔癖症すぎると、相手の女性の髪が部屋の床に落ちるだけでも気になったり、些細なことにもイライラしてしまうなど、一緒に過ごしたり生活することが苦になることもあります。

そうした場合には結婚はもちろん、恋愛の上で同棲することも難しいため、恋愛をしないという選択肢を選ぶ人もいます。

 

女性に対する理想が高すぎる

女性に対して興味はあるが、理想が高すぎることでなかなか恋愛ができない男性もいます。

優しい人だったり、料理ができる人といった条件だけでなく、身長と体型はこれくらいが良い、学歴はこんな感じが良いといった細かい理想を描きすぎる場合があります。

性格はこんな感じで、こういう仕事をしていて、何歳くらいのこんな人、といったように複雑な条件が複合されると理想の相手はまず見つかりません。

そのため恋愛に発展できず、結果的に生涯独身のまま理想の相手は現れなかったと考えて過ごすことになる人もいます。

積極的に相手と交流できない

内気な性格で、積極的に女性と交流することができない男性も一定数います。

話しかけることができなければ、恋愛も結婚も難しいため、まずは勇気を出して話しかけたり女性から声がかかるのを待つことになります。

しかし緊張してしまったり、何を話せばいいのかわからなくなったり、会話が得意ではない場合には話しかけられても上手く対応することができません。

 

結婚を束縛だと感じてしまう

結婚は墓場だと考える人もいますが、結婚することが束縛に感じる男性も少なくありません。

例えば独身の間は収入の全額を自分のために使うことができるようになり、仕事の帰りに寄り道をしても、休日にぶらっと一人旅をしても自由です。

しかし結婚すると、収入は家庭のために使うことになり、仕事から寄り道する場合はどこで何をするのか言っておかなければ心配され、休日に一人旅に行くことも難しくなります。

そうした理由から自由が奪われる感覚になり、結婚は束縛だと考える男性は生涯独身で生活していくこともあります。

 

独り暮らしが気楽

独り暮らしが気楽のため、結婚することで自宅に妻がいる生活が想像できなかったり、あまりよく思えない男性が、生涯独身で生活していくパターンもあります。

何をしていても自由で、独り暮らしの室内がどんなレイアウトでも誰に文句を言われることもなく、家具も家電も好きなものを好きなタイミングで買うことができる生活は自由であり魅力的だと感じる考え方です。

 

生涯独身でいるメリット

生涯独身でいることが悪いことというわけではなく、むしろメリットもあることとして、今では結婚を急かす家庭も減りつつあります。

昔はなかなか結婚しない息子に対して、親からそろそろ結婚しなさいと言ったり、場合によってはお見合いの相手を見つけてくることもありましたが、現代ではあまりありません。

そのため生涯独身で過ごすことも珍しくない世の中になってきました。

 

仕事に専念できる

結婚をすると仕事だけをして生活するわけにはいかなくなり、家族との時間を作ったり、子どもができれば子どもとの時間を割く必要も出てきます。

しかし独身で居続けることで、仕事がどれだけ忙しくて家に帰ることができなかった場合も家族を心配する必要もなく、仕事に好きなだけ専念することができます。

また仕事によっては転勤がある職場もありますが、家庭を持つと転勤が単身赴任になったり、家族と一緒に引っ越すことになるなど、個人の引っ越しだけの問題ではなくなります。

 

自由でいられる

何をしていても家庭のことを考える必要がないため、全てにおいて自由だと感じられるメリットが生涯を独身で過ごす大きなメリットと言えます。

家庭のために時間を割いたり、子どもと遊んで休日を潰すこともないため、自由に生きていくことを何よりも大切に考える男性にとっては独身の方が都合がいいと考えられます。

婚活するなら結婚相談所に相談してみる

生涯独身で過ごすつもりでいても、途中で気が変わって結婚したいと思ったり、恋愛に興味を持つこともあります。

年齢によってはなかなか新しい出会いが難しい場合もありますが、結婚相談所に入会して相談することで、具体的なアドバイスを得ることができ、出会いから恋愛までの悩みを解決することができます。

Share

ご不明点などお気軽にお問い合わせください

相談
無料
0120-973-612

受付平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休