お見合いデートをする時には、服装まで気を配る必要があります。

デートの時は男性が思っている以上に女性から服装を見られています。

今回はお見合いデートをする時に気を付けたい服装のポイントを紹介していきます。

お見合いデートを成功させる方法も紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

">
成婚までを徹底サポート【結婚相談所ならワンブライド】

0120-973-612

平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00 ※火曜日定休

平日 10:00~20:00
土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休

- Blog -婚活お役立ちブログ

男性必見!お見合いデートで気を付けたい服装とは?服装選びのポイントを徹底解説!

お見合いデートをする時には、服装まで気を配る必要があります。

デートの時は男性が思っている以上に女性から服装を見られています。

今回はお見合いデートをする時に気を付けたい服装のポイントを紹介していきます。

お見合いデートを成功させる方法も紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

女性は男性の服装を見ている

女性が男性の服装をしっかり見ているということを意識して服装を選んでいる男性もいますが、デート内容にばかり気を取られて服装にまで気を配れていない男性もいます。

女性にとって男性の服装は第一印象に強く影響するため、性格よりも先に服装が判断基準になってきます。

ここでは女性が男性の服装から判断する4つの項目を紹介していきます。

 

清潔感が判断される

服装を見ただけで清潔感が判断されてしまう場合があります。

具体的には服装がヨレヨレになっていたり、汚れが目立ったりすると、清潔感に欠ける男性と判断されてしまいます。

また第一印象はなかなか覆すことができないため、清潔感がないと判断されると中身がどれだけ良い人でも、清潔感がないという印象が付いて回ることになります。

清潔感がない印象を払拭するよりも、最初から清潔感のある服装を意識したほうが賢明です。

 

趣味や好みを判断される場合も

プリントシャツの柄や、色などから趣味や好みを判断される場合もあります。

例えばアニメキャラがプリントされていると、アニメの趣味があるのかなと思われたり、派手な色の服を着ていると派手な色が好きなのかなと思われたり、趣味を判断されることも。

女性の趣味や好みと合わない、と判断されてしまうと今後のお付き合いにも影響してしまう場合があるため、女性から特別な印象がつかないような服装を意識することが大切です。

 

季節感に合わせた服装かどうか

着やすいシャツや、気に入っている服装は、長く着てしまうこともあります。

特に夏から秋にかけてや、冬から春にかけてなど、なかなか衣類を切り替えるタイミングが難しい季節の節目もあり、春になっても少しの間長袖を着たり、軽く上着を羽織ることも。

しかしあまりに季節感にあわない服装をしていると、一年中ほとんど同じ服を着回ししているような印象を与えてしまう恐れがあります。

 

服のサイズが合っているか

服のサイズが大きすぎても小さすぎても、女性からだらしない男性の印象を受けてしまう場合があります。

体型の増減により服のサイズが変わってしまった時には、今の自分の体格に合うサイズの服を着るようにしましょう。

着慣れた服装の場合はあまり気にならない場合もあるかもしれませんが、服装のサイズが合っていないことは見てすぐにわかるため、女性の第一印象としてだらしない印象をすぐに与えてしまう可能性があります。

大きなサイズの服を着ていると、ぶかぶかのサイズがだらしなさを印象付けてしまい、逆に小さすぎる服を着ていると体型がはっきりしてしまいデート中に一生に歩くこととなる女性が嫌がる場合もあります。

お見合いデートの服装選びはここに注意

お見合いデートをする時には、女性から服装を見られていることを意識する必要があることをお伝えしました。

しかしいざ服装に気を付けるといっても何から気を付けていけばいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

お見合いデートで失敗しない服装選びをするために6つのポイントを抑えることが大切となりますので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

公私を混同させない

仕事用の服装と、私服を混同させないようにすることが大切です。

例えばスーツ姿はフォーマルな姿ではありますが、お見合いのデートにスーツ姿で行くと女性が身構えてしまう場合があります。

そのためなるべく親近感を持てるよう、私服でデートに向かうことで相手もあまり身構えなくてよくなり、第一印象から話しやすい距離感だと思ってもらうことが大切です。

仕事の服装と、私服とを混同させず、メリハリをつけることを意識していきましょう。

 

個性的すぎる服装よりカジュアルな服装

自分の中で格好良いと思う服装も、相手の女性にとっては好みではない服装かもしれません。

またあまり個性を出し過ぎると、女性の好みに当てはまらなかった場合には最初から変な印象がついてしまう可能性もあります。

カジュアルで、無難でシンプルな服装を意識してデートに臨むことで、女性から服装を基にした印象の変化が起こりにくいため、女性の好みなどを知ってから好みに合わせた個性を出していくのは効果的です。

  <h3>頭から足元まで見られている意識を持つ

服やズボンだけではなく、靴やメガネまで女性から全身を見られているということを意識することが重要になってきます。

服装がしっかり決まっていても、メガネのレンズが指紋だらけだったり、レンズにヒビが入っていたりしても気になる女性は気にしますので、まさに頭から足の先まですべてがしっかり見られているという意識が必要不可欠となっています。

また靴が汚れていたり、穴が空いていたりしても、服装がどれだけ良くしていても印象はよくありません。

靴への配慮も怠らず、万全の準備をしていきましょう。

 

黒よりも白のシャツを選ぶ

黒色の服装は、着こなしやすいこともあり、つい多用しがちな人もいます。

しかし黒色の服装よりも白色の服装の方が明るい印象に見えるため、明るい色の服装をチョイスすることで相手への第一印象も明るくしていくことができる場合があります。

また明るい色と、派手な色は異なるため、たとえば明るい色でシンプルな服装といえば白色や淡い青色などの服装を選ぶことをオススメします。

 

シワやヨレは厳禁

服装のデザインがどうであっても、シワや汚れがあるだけで女性からの印象は大きく下がってしまいます。

シャツがシワだらけだったり、汚れていると、不潔感が出てしまい、印象が圧倒的に悪くなってしまいます。

中身の人間性を見てもらう前に、女性から不潔な印象を持たれると、デートの空気は一気に悪くなってしまいます。

家を出る前にシワやヨレがないか、汚れがないかを入念に確認してから出ることで防ぐことができるので、忘れずにチェックしましょう。

 

ファッションモデルを意識する必要はない

服装の見られ方を意識してお見合いデートに臨みたいところですが、服装をファッションモデルのようにする必要はありません。

格好良い服装にしたい、流行りの服装にしたいという気持ちは誰にでもありますが、あまり最新のファッションすぎると自分らしさや個性を失ってしまったり、シンプルな格好から離れてしまい、結果的に女性の好みかどうかに影響される結果になる場合もあります。

お見合いデートもプロに相談するという方法

お見合いデートで失敗しないために服装に気を配ることができても、せっかくのお見合いデートを成功させるために他にもいろいろと気を付けるべきことがあるかもしれません。

しかし自分自身で振り返っても、なかなか改善点に気付くことができない場合もあります。

結婚相談所で結婚のプロに相談することで、お見合いデートで失敗しないためのアドバイスをもらうことができます。

結婚相談所では結婚相談を積極的に利用することが重要です。

Share

ご不明点などお気軽にお問い合わせください

相談
無料
0120-973-612

受付平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休