成婚までを徹底サポート【結婚相談所ならワンブライド】

0120-973-612

平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00 ※火曜日定休

平日 10:00~20:00
土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休

- Blog -婚活お役立ちブログ

低収入の男性は結婚できないって本当?収入は婚活に影響する?

高収入の男性はモテやすいと言われがちですが、反対に低収入の男性はモテないのでしょうか。

結婚に対して収入の高低がどれほど影響するのか、知っておきましょう。

 

今回は低収入の男性は結婚できないのか、収入が婚活にどのように影響するのか、婚活方法別に徹底解説していきます。

また低収入でも結婚できる方法や考え方についても紹介していきいます。

日本の平均年収は?

低収入か、高収入かを判断するためには、まず日本における平均年収がどれくらいの金額なのかを知る必要があります。

平均年収に対して、ご自身の年収が低いか高いかにより、低収入か高収入かをある程度判断することが可能です。

 

ただし、平均より少し低いだけで低収入というわけではなく、逆に平均を少し上回っていても高収入というわけではありません。

まずは、日本における平均年収を見ていきます。

 

令和元年の平均年収は?

日本における平均年収については、令和元年のデータによると約436万円となっております。

年収436万円が日本の今の平均年収であり、年収の高低を判断するためのひとつの判断材料となっています。

 

中には賞与が大きく変動する仕事の人や、収入が月により変動する人もおり、低収入か高収入かを区別する明確な線引きはありません。

 

また、日本全体の景気状況により平均年収も変動するため、あくまで目安として考えることが大切です。

そもそも低収入とは?

低収入とは、年収がいくら以下であれば低収入となるのでしょうか。

ここからは低収入、といった明確な線引きはありませんが、目安の年収として言われている年収額はあります。

 

低収入かどうか、という部分だけで考えれば年収300万円以下の場合に低収入だと判断されることが多く、一般的な低収入のほとんどが300万円以下を示していると考えることができます。

 

ただし平均年収は436万円のため、年収が300万円を超えていれば高収入かと言えば、一概にそうではないため注意が必要です。

 

300万円以上か以下かで判断

よく言われているひとつの目安は、年収300万円を下回っていれば低収入、という判断方法です。

 

生活水準にもよるため、年収が300万円以下でも計画的にお金を運用して余裕のある生活をしている人もいれば、300万円以上の年収を得ていても散財してしまい生活に余裕がない人もいるため、あくまで年収の相場だけで判断する方法となります。

 

また300万円以下の年収で低収入と判断できる場合にも、深く悩む必要はありません。

 

女性は収入を重視している?

低収入でも、深く悩む必要がないとお伝えしたのは、全ての女性が収入を重視しているわけではないためです。

 

女性は男性に高収入を求める傾向にはありますが、お金持ちと結婚したいという女性ばかりではなく、夫婦生活や将来的に子どもができた場合に、問題なく生活できる収入があればいいと考える女性も少なくありません。

 

女性が男性の収入に対してどのように考えているのか、見ていきましょう。

 

収入を気にしていない女性も

低収入だからお付き合いしたくない、と考える女性はもちろんいますが、収入について強い理想を抱かない女性も一定数います。

 

もちろん収入が全くない男性は婚活をしていてもなかなか結婚することが難しい場合もありますが、低収入であっても真面目に仕事をしていれば内面を好きになってくれる女性は少なくなく、生活が不安定にならない程度の収入があれば結婚を考えることができる女性もいます。

 

また、共働きへの理解を持っている女性であれば、男性だけの収入が低いことをあまり意識しない場合もあります。

婚活方法により収入への考えは異なる

低収入だと結婚できないか、と問われるとその答えは低収入でも結婚できる、という回答となります。

しかし婚活の方法によっては収入面を気にする傾向が強い婚活方法と、あまり収入を気にしない女性が多い婚活方法と、傾向が分かれます。

 

ここからは婚活方法別で、女性が男性の年収の高低を重視する傾向にあるのか、あまり重視しない傾向にあるのかを見ていきます。

 

紹介で知り合った場合

婚活サービスを活用せず、知人や友人などの紹介で出会って恋愛がスタートした場合には、あまり収入が重視されない傾向があります。

理由は、もともと知人間での紹介のため、ある程度の前情報として紹介先の男性がお金を持っているか、持っていないか、という情報も伝わりやすく、あらかじめどのような男性かを紹介されたうえで知り合うことが多いためです。

 

もし、紹介された女性が収入を強く気にするタイプの人であれば、紹介されて出会う前に仲介してくれている知人に相手の男性の収入などについて確認し、興味がなければそもそも紹介されることがありません。

 

そのため、知人を介してある程度自分の情報が伝わった上で紹介された出会いについては、ありのままの自分でお付き合いしても問題ない傾向が強くなっています。

 

自然な出会いの場合

婚活サービスで出会ったわけでも、紹介されたわけでもなく、自然な出会いから恋愛に発展した場合も、女性は男性にあまり年収の高低を重視していない傾向があります。

 

高収入の男性と結婚したいという願望が強い場合には、自然な出会いや紹介ではなく、明確に高学歴や高収入の男性を探すことができる婚活サービスを活用し、効率的に高収入の男性を探そうとする傾向があるためです。

 

自然な出会いの場合には、女性から男性の内面や一緒に過ごす楽しさ、性格などを重視しやすい傾向があるため、低収入であることが大きな障がいにはなりにくいと考えることができます。

 

婚活アプリを使う場合

婚活アプリを活用した婚活では、収入が重視されやすい傾向にあります。

 

理由としては、自然な出会いや紹介での出会いのように選択肢がない出会いとは異なり、婚活アプリでは理想の条件で相手を検索し、出会いにつなげていくことができるため、いくつもある男性の候補から相手を選ぶことができるというメリットがあるためです。

 

そのため、どうせ選ぶことができるなら低収入の男性よりも収入がある男性を選びたい、と考える女性が多い傾向にあります。

 

結婚相談所

 

結婚相談所に入会している女性の中には、男性の収入を重視している女性も含まれています。

 

婚活アプリと同様に複数の候補から相手を探すことができるサービスですが、婚活アプリは利用を手軽に開始できることに対して、結婚相談所は入会までに様々な手続きが必要となります。

また、入会金も必要となるため、結婚に対する意識が高い人が集まりやすく、収入はあまり重視していないが内面を重視したいという人や、一緒にいて安心できる人がいいなど、男性に求められる条件は様々です。

 

結婚相談所では理想の条件を結婚のプロに相談することができるため、低収入で婚活に行き詰っていると感じている場合には相談サービスを活用することも重要となります。

収入より貯蓄を見る女性も

高収入か低収入かという判断ではなく、男性にどれほどの貯蓄があるかを見る女性もいます。

 

例えば高収入であってもギャンブル癖があり、得た収入は全て当月中に使い切ってしまう、というタイプの男性よりも、低収入だが生活を工夫して少しずつえも貯蓄していくタイプの男性の方が将来結婚するにあたって安心できると考える女性も少なくありません。

 

結婚相談所で相談する

結婚相談所での婚活において、収入について不安があったり、低収入が理由で上手くいかないと感じた場合には、積極的に相談することが婚活を効率的に進めていくポイントとなります。

 

結婚のプロがアドバイスしてくれる内容は、低収入でも成婚できるよう、様々な視点から有効なアドバイスを得ることができるため、結婚相談所での婚活ではぜひ活用していきたいサービスです。

Share

ご不明点などお気軽にお問い合わせください

相談
無料
0120-973-612

受付平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休