成婚までを徹底サポート【結婚相談所ならワンブライド】

0120-973-612

平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00 ※火曜日定休

平日 10:00~20:00
土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休

- Blog -婚活お役立ちブログ

再婚相手の選び方に要注意!再婚を失敗しない方法は?

再婚相手の選び方には注意点がいくつもあることをご存知でしょうか。

失敗しないための再婚相手の選び方について知っておきましょう。

今回は再婚相手の選び方について、失敗しないためのポイントを紹介しています。

再婚失敗しない方法を紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

再婚しても失敗することがある

過去に一度でも離婚歴があると、その失敗を活かして再婚したいと考えるものです。

しかし再婚でも失敗することがあるため、再婚と言えども注意が必要。

再婚で失敗しないためにも、まずは見つめ直すべき点や気を付けるべき点を理解していくようにしましょう。

これまでと同じ意識のまま再婚すると、同じように離婚を繰り返すことになる場合もあります。

再婚相手を探す前に見つめ直したい3つのポイント

再婚相手を探す前に、以前と違う考え方や心構えが必要となるため、見つめ直しておきたいポイントを3つ紹介します。

初婚と違い、再婚では離婚歴を元に失敗しない考え方へシフトしていくようにし、同じ失敗をしない工夫が必須となります。

また初婚の経験を含めて再婚相手を探すことで、より現実的な考え方で再婚相手を見つけることができるようになります。

 

最初の離婚理由を振り返る

離婚の経験がある場合には、必ず見つめ直すべきポイントとして挙げられるのが、初婚の離婚理由を振り返ることです。

離婚については思い出したくないと思ったり、わざわざ振り返らなくても同じ失敗はしない、と思う場合もありますが、改めて振り返ることで新しい気付きを得ることができます。

最初の結婚は、全てが知らない事ばかりのため失敗してしまったり、思わぬトラブルを起こしてしまうことも少なくありません。

初婚では振り返る前例がありませんが、再婚を考える時には初婚の失敗を振り返ることができるという利点を活かし、同じ失敗をしないことが肝要です。

 

将来について改めて考え直す

初婚の時に自分が理想だと思っていた相手の探し方や条件のままでは、同じ失敗をしてしまう可能性が高まります。

相手への理想や条件を考え直すことで、より現実的な条件へ考え直すことで同じ失敗を回避することができる場合があります。

また、相手に求める理想や条件だけでなく、自身の将来に対しても考え直し、再婚で失敗しない考え方や心構えを形作ることも有効な方法です。

結婚生活について考え直し、初婚の失敗を繰り返さずに進むことができる未来を想像し、実践していけることが理想的です。

 

再婚後の連れ子との関係について

再婚は初婚と異なり、相手や自分に既に子どもがいる場合も少なくありません。

初婚で子どもが生まれていて、かつ連れ子として連れていた場合には、再婚後の連れ子の理解が必要です。

相手に連れ子がいる場合には、相手の子に理解してもらえるかどうかが重要となります。

自分に連れ子がいる場合にはその逆で自身の子が再婚相手へ理解してくれるかどうかが重要になりますが、どちらも簡単なことではありません。

相手のバツイチへの理解が必須

自分か相手のどちらかが初婚、もう一方が再婚の場合には初婚側からバツイチへの理解が必要不可欠となります。

今回が初婚となる側が抱く結婚のイメージと、再婚する側が抱く結婚のイメージとは違いがあり、理解し合うことが難しい場合も少なくありません。

バツイチへの理解があった場合も、互いに抱いている結婚へのイメージの相違が結婚後にトラブルとなる可能性を考え、話し合いをするなどして理解し合うことが大切です。

 

離婚歴を黙っているとトラブルになる

バツイチと聞くと、まだまだ社会的には良い印象を持たれにくいことは事実です。

離婚歴を持っていることで、相手から何かトラブルがあるのではないかと疑われたり、世間体が気になると感じられる場合もあります。

そのため、離婚したことがあるということを伏せてお付き合いをしたり、離婚歴を黙ったまま再婚する人もいます。

しかし離婚歴があることを黙って交際したり再婚したりすると、必ずと言っていいほどトラブルに発展するため、注意が必要です。

 

子持ちへの理解も要チェック

子どもがいる場合には、連れ子から相手への理解も必要ですが、再婚相手から連れ子に対する理解も必要となります。

表面的には連れ子がいてもいいと言っていても、内面的にはなかなか理解してもらいにくい要素でもあるため、本当に理解をしてもらえているかどうかの確認が必須です。

連れ子は、再婚する当人同士だけの問題ではなく多感な時期を過ごす子どもへの影響も多大であり、子どもの将来に確実に影響を及ぼすことも考慮し、慎重にならなければいけません。

失敗しない再婚相手の選び方

再婚で失敗しないために、再婚相手の選び方には細心の注意が必要です。

失敗しないための再婚相手の選び方には、いくつかのポイントがあり、それぞれのポイントを意識して実践することで再婚の失敗を防ぐことができる場合もあります。

ここからは失敗しない再婚相手の選び方を4つ紹介していきます。

 

話し合いで理解し合う姿勢がある

初婚も再婚も同じく、互いに話し合いができるかどうかで結婚生活が大きく変わります。

大切なことはもちろん、他愛のないことも、何でも話せる関係が理想的です。

会話が得意ではない人もいますが、大切なことは夫婦間で話し合いができなければ、やがてトラブルに発展し、最悪の場合には取り返しのつかないところまで発展する恐れもあります。

再婚の場合は特に、初婚の経験や印象で物事を見たり判断することもありますが、初婚の相手と再婚の相手は全くの別人のためそれぞれ違う人だと認識し、話し合いの場を持つことが大切です。

 

金銭的にも精神的にも余裕がある

結婚を考える人の中には、結婚をしたいという願望から、結婚できる状況に整っていないまま婚活をしている人も少なくありません。

金銭的にも精神的にも余裕がない状態で結婚を希望すると、結婚後にも不安定な状況は続き、トラブルに発展します。

そのため再婚する場合には特にトラブルを最小限にするためにも、金銭や精神の安定している相手を選ぶことが肝要となります。

 

一緒に過ごすことが楽しいと思える

一緒に生活したいと思える楽しい相手と結婚することは、基本的なことに感じられるかもしれませんが意外と見落としやすい要素でもあります。

誰もが楽しく過ごせる相手と結婚したいと考えると思われがちですが、他にも様々な魅力を感じて結婚したいと思う事もあります。

様々な魅力を感じて結婚したものの、いざ一緒に生活することになった後に一緒に居ることが苦痛に感じたり、楽しく感じない場合もあるため、結婚前から一緒に居て楽しいと思える相手を選ぶことが重要です。

 

相手への理想を明確にする

どのような相手と結婚したいと思っているのか、どのような理想を抱いているのかを明確にすることは、再婚をする場合だけでなく理想の相手を探す時には有効な方法です。

特に自分自身がどのような相手を求めているのかを明確化していない場合には、相手を探すことが困難となってしまい、結果的に交際を始めてから理想と違うと感じるなどのトラブルに発展することもあります。

結婚相談所で客観的なアドバイスを得る

再婚を失敗しないために大切なポイントを紹介しましたが、実際に自分で自分の再婚が失敗するか成功するかを判断したり、予測することはとても難しいものです。

結婚相談所のアドバイザーは結婚のプロですので、結婚相談所に登録して結婚相談をすることで、客観的に再婚への不安を解消できたり、再婚を成功させるためのアドバイスを受けることができます。

積極的に活用すべきサービスですので、結婚相談所での相談は有効な手段です。

Share

ご不明点などお気軽にお問い合わせください

相談
無料
0120-973-612

受付平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休