成婚までを徹底サポート【結婚相談所ならワンブライド】

0120-973-612

平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00 ※火曜日定休

平日 10:00~20:00
土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休

- Blog -婚活お役立ちブログ

お見合いで断られたのはなぜ?断られる理由や断り方のマナーを徹底解説!

お見合いをして、相手から断られてしまうこともありますが、なぜ断られてしまったのかわからない、という人も多いのではないでしょうか。

どうしても人と人の出会いには、合う時と合わない時がありますが、お見合いで断られるのも理由があることがほとんどです。

 

また、自分が相手のことを苦手に思って、お見合いを断ることもあります。

しかしお見合いを断る時には断り方のマナーというものがありますので、お見合いで断られる理由や、断る時のマナーを知っておきましょう。

お見合いで断られる理由

お見合いをして、仮交際に発展しないまま断られる、といったケースがありますが、どのような理由で断られるのかを知ることで対策をすることができる場合があります。

 

お互いに何となく合わない気がする、といったような直感的な理由の場合もありますが、直感だけではなく明確な理由があってお見合いを断られる場合もあります。

 

ここではお見合いで断られることのある理由を5つ紹介していきます。

 

会話が楽しくない

相手と一緒に過ごすことが楽しいと思えることは、婚活としてだけでなく対人関係としても大切です。

特に会話が楽しいかどうかは、相手と一緒に過ごしたいと思えるかどうかの大切な判断基準となります。

 

お笑い芸人のように、会話でずっと相手を笑わせ続ける必要はありませんが、会話をしていて楽しいと思えるかどうか、という点は特に見られやすいポイントとなっています。

 

会話が楽しいということは、例えば相手の会話を広げたり、自分ばかり話さず相手の会話を引き出したり、言葉のキャッチボールができるかどうかというところが楽しいかどうかの分かれ目になります。

 

お見合いに慣れている

お見合いや婚活に慣れていない人も多い中、相手がお見合いに慣れていると、少し距離を置いて見てしまうこともあります。

お見合いに慣れているということは、何度もお見合いに失敗しているという印象を与えてしまうこともあり、お見合いに慣れているだけでお見合いを断られるケースもあります。

 

またお見合いに慣れているということを伝えなくても、接している中でお見合い慣れしていることがわかってしまうこともあるため、なかなか対策の難しいポイントとも言えます。

 

時間や約束が守れない

婚活だけでなく私生活全体にいえることでもありますが、時間や約束が守れない人にはなかなか人が寄ってくることはありません。

信用や信頼につながる基本的なポイントとなるため、お見合いに遅れてきたり、お見合いで約束したことを守れない場合には断られやすくなります。

 

今後、お付き合いに発展した時にデートの待ち合わせ時間を守れないだろうと予想できたり、お付き合いする中で約束したことを守ってもらえないかもしれないと思うと、お見合いの時点でお断りすることは当然の結果となってしまうため注意が必要です。

 

見た目が好みではない

お見合いで初めて顔を合わせた時に、事前に見ていたプロフィール写真とはかなり印象が違っていて実は好みではなかったと思われた場合には、お見合いをお断りされることもあります。

人は内面が大切とは言いますが、お見合いの時点で見た目が好みから逸脱していた場合、今後自分とお付き合いする様子を想像した時にお断りの選択を取ることとなる人もいます。

 

しかし、見た目が好みではないという理由については、人によって見た目の好みは異なるため、次のお見合いでは上手くいく場合もあり特に対策をする必要がない項目とも言えます。

 

例えば髪型を変えるとか、女性ならメークを変えるとかすることなども効果的な対策となる場合もあります。

 

不潔な印象を与えていた

お見合いで相手に不潔な印象を与えてしまうと、性格が良くても断られてしまう可能性が高まります。

不潔な相手とお付き合いしたい、と希望する人はあまりいないため、清潔感が何よりも大切です。

 

お見合いをするとわかっていて、清潔感のある姿で臨めない相手に、オシャレや清潔感を求めることは難しいと判断されてしまうため、清潔感は絶対に失敗できないポイントでもあります。

お見合いで断る時のマナー

断られやすいパターンを知ることで、対策をすることができますが、逆に自分が断ろうかなと思った側となった場合にはどのようにすればいいでしょう。

 

お見合いでは、自分と相手が合わないと思った場合にお断りすることはよくあることですが、断り方にはルールやマナーというものがあります。

 

中途半端なことをしてしまうと、相手に不快な思いをさせることになったり、お付き合いが曖昧な状態になるなど、悪影響が出てしまうため注意が必要です。

 

曖昧な断り方をしない

お見合いから仮交際に発展するか、しないかの意思表示はしっかりと行うことがマナーです。

 

相手も真剣に婚活をしていく中で、お見合いの結果がどうなるのかを心配していますが、断ることもせず、仮交際に発展することもしない曖昧な断り方をしてしまうと、相手が次の行動に移れなくなってしまいます。

 

断ることは申し訳なく思う場合もありますが、はっきりとした意思表示をすることがお互いの婚活をスムーズに進めるために必要となるため、曖昧な断り方をしないようにしましょう。

 

相手に対して感謝の気持ちを持つ

お互いが時間を作ってお見合いをすることになるため、自分とのお見合いのために時間を作ってくれたことや、会ってくれたことに対して感謝の気持ちを持つことが大切です。

 

せっかく相手のお時間を頂いてお見合いしても、交際に発展せずお断りすることになった場合は相手に感謝の意思を表明しながら断るようにします。

 

お互いに気持ちよく次のお見合いに臨めるようにすることが、大人の婚活マナーです。

 

断る気持ちになっても適当に接さない

相手を見てすぐ、第一印象でお断りしようかと思ってしまった場合も、お見合いを適当に接して終わらせることはマナー違反です。

 

婚活において真剣に向き合うつもりでお見合いに臨んでいる相手に対して、第一印象から断るつもりで適当に接していると、相手には態度で伝わってしまいます。

 

感謝の気持ちを持って接するということを忘れず、お互いに気持ちよく次のお見合いに向かえるように、お見合い中は真剣に接するようにしましょう。

 

カウンセラーから断ってもらう

相談所でお見合いする場合、断りたい場合はカウンセラーを通じて伝えてもらうことができるのでお互いいやな思いをせずに済みます。

ですので、相談所をうまく利用しましょう。

 

お見合いで断る前に見直してみる

お見合い中に、今回の相手はお断りしようかと思うことがあっても、まずは冷静に相手のことを見つめ直してみることが大切です。

 

意図してポジティブな部分を見つけるようにし、本当に断るべき理由が揃っているのか、相手と交際することは本当に不可能なのかを一度見直してみることは有効な方法です。

 

無理かもしれないと思っても、まずは相手の良い所を見つける努力をすることで、婚活がより進展する場合もあります。

結婚相談所でお見合いについて相談する

結婚相談所では結婚のプロにアドバイスがもらえる結婚相談が可能です。

 

お見合いが上手くいかないと感じたり、初めてのお見合いに対して不安を持っている場合には、結婚相談で解消することができることも多いため、積極的に利用することが大切です。

Share

ご不明点などお気軽にお問い合わせください

相談
無料
0120-973-612

受付平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休