成婚までを徹底サポート【結婚相談所ならワンブライド】

0120-973-612

平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00 ※火曜日定休

平日 10:00~20:00
土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休

- Blog -婚活お役立ちブログ

自分が結婚する未来が想像できない人が急増?結婚に向けて今できることとは?

結婚している自分のことが想像できない、という人が近年急増しているようです。

 

時代は変わり、例えば長男として生まれたら家系を守るために結婚して子どもを授からなければいけない、といった考え方も変わってきていることから、結婚が人生において必須のイベントではなくなってきている背景もあります。

 

今回は結婚する未来が想像できない人の理由と、結婚に向けてできることを紹介していきます。

自分の結婚が想像できない理由

自分が結婚している未来を想像できない人には、それぞれ理由があります。

 

結婚願望が強い人は、結婚している未来を具体的に想像したりできるものですが、結婚している自分の姿が想像できない人はなぜ想像できないのか、その理由を見ていきます。

 

仕事に打ち込んでいる

仕事が忙しかったり、仕事にやりがいを感じている人は、恋愛したり結婚したりといったことを考える余裕がなかったり考える必要がない人もいます。

 

恋愛したり結婚したとしても、相手に対して時間を作る余裕がないほど仕事に打ち込んでいると、恋愛をする時間も仕事に当てたいと考える人もいるようです。

 

また、仕事と恋愛を両立できないと考えている人もおり、仕事が安定するまで恋愛するつもりがない人も少なくありません。

 

友達と遊んでいる時が楽しい

特定のひとりと交際し、結婚して家庭を作ることよりも友達と遊んでいることが楽しいと感じている人は、結婚する未来を想像する必要がありません。

 

仕事が終わってから、または休みの日に共通の趣味を持つ仲間と過ごしたり、気の知れた親友と楽しんだりすることをライフワークにしている人にとって、恋愛や結婚は無縁の生活である場合もあります。

 

また恋愛をすることや、結婚をすることで友達と遊びにくくなると思う人も多く、実際に家庭を持つことで自由な時間は減るためあえて結婚をしたくないと考えている人もいます。

 

結婚以外にやりたいことがある

仕事に打ち込んだり、友達と遊んだり、結婚以外にやりたいことがある場合には結婚する自分を想像する必要がありません。

 

例えばじっくりと時間をかけて趣味に没頭していたり、一人旅が趣味だったり、結婚をすることで続けることが難しい趣味も多く結婚以外にやりたいことがあって結婚をしないという選択肢を選ぶ場合があります。

 

家庭を持つには収入が不安

一人で生活することとは違い、結婚してからは一人暮らし以上に様々な場面でお金が必要となります。

 

特に子どもができた場合などは、子どもを育てるためにさらにお金が必要となるため、低収入の人にとっては結婚に対する不安を抱いている人も少なくないのが現実です。

 

そのため、結婚はお金がかかること、今よりも収入を増やさなければできないこと、と諦めてしまい結婚している自分を想像しないようにしている人もいます。

 

恋愛したいと思っていない

そもそも結婚願望以前に恋愛をしたいと思っていない人も、結婚している自分を想像できないものです。

 

全ての人が恋愛したいと思っているわけではないため、結婚願望が全くない人も、恋愛をしている自分も想像できないという人も意外と多く、恋愛に興味がない場合もあります。

 

恋愛をしたいと思わない人も、年齢を重ねる中で急に恋愛をしたいと思ったり、周囲の友人や親族が結婚していく中で憧れを抱くこともあります。

 

子どもが欲しいと思っていない

結婚すると子どもを授かるかどうかの話題が出ることは一般的で、よくある話です。

 

しかし結婚はしてみたいけど、子どもが欲しいとは思っていない人も多く、子どもが苦手だったり、子どもを育てていくだけの収入を維持できるかどうかの不安を抱えている人もいます。

 

子どもを育てるためには、夫婦二人暮らしとは違い多額の費用がかかるため、子どもが欲しいと思っていない人は結婚することもあまり考えていない場合があります。

 

相手と一生を共にする決断ができない

結婚は特定の人と一生を共に過ごすことであり、自分だけの人生ではなく家庭を持つということです。

 

その重大な決断ができず、結婚できない人も結婚している自分を想像することができない場合があります。

 

浮気や不倫を前提としているわけではなく、一人の人間と一生向き合って生きていく自信を持てない、自由人気質の性格の人もいます。

 

そのため一生を共にする決断がなかなかできない性格の人もいることを理解する必要があります。

結婚が想像できない人が結婚に向けてできること

今はまだ結婚する未来の自分を想像することができなかったとしても、やがて結婚したいとぼんやりと考えることもあるかと思います。

 

そんな場合に、まず結婚に向けてできることをひとつずつ実践していくことで、具体的に結婚に向けて想像できるようになってくるものです。

 

ここからは結婚する自分のことが想像できない人が結婚に向けてできることを3つ紹介していきます。

 

恋人と一緒に住んでみる

現在、お付き合いしている人がいる場合には、実際に一緒に生活を共にしてみることが結婚を具体的に想像できる効果的な方法と言えます。

 

同棲することで、別々の家に住んでいた時とは違う見え方ができ、より相手のことを知ることになるでしょう。

 

良いところだけでなく、あまり知りたくなかったところも知ることとなりますが、それは結婚をするためには必要な経験であり、必要な考え方です。

 

自分も相手も結婚したいというビジョンがあって、結婚する未来が想像できない場合には、よく話し合った上で同棲をしてみましょう。

 

結婚している友人の話を聞く

既に結婚をしている友人から、結婚生活についての話を聞くことで、自分と重ね合わせて具体的に結婚を想像することができる場合があります。

 

友人と自分では立場や生活環境が異なる場合もあるため、全ての場合で自分と重ねることはできませんが、結婚している人のリアルな声を聞くことは結婚に対するイメージをより具体的に想像できるようになる効果的な方法のひとつです。

 

結婚して良かったことはもちろん、結婚することで変化する良くないことも同時に聞くことで、より具体的にリアルな結婚生活を想像することができます。

 

結婚するメリットを見つめ直してみる

結婚することによってどのようなメリット、デメリットがあるのかを考えてみることで、具体的な結婚に対するイメージを膨らませることができる場合もあります。

 

これまでに得た結婚に対するイメージを繋げていき、自分の中にある結婚への印象を具体的にリストアップしていくことで、結婚することによるメリットとデメリットを考える機会になります。

結婚が想像できなくても焦ってはいけない

結婚する自分が想像できない人が、これからできることなどを紹介しましたが、それでも結婚が想像できないという人も、焦る必要はありません。

 

結婚について考えて、想像できるイメージと、実際の結婚生活は異なる場合が多いためです。

 

具体的に結婚生活を想像できている人も、結婚してみると想像と違うように感じることもあるため、結婚している自分を想像できることが必須条件かというとそうでもありません。

結婚願望がある場合は結婚相談所で相談してみる

結婚について想像できない人も、結婚願望がある場合には結婚相談所の相談サービスを活用してみることをオススメします。

 

結婚相談所では結婚願望があってもどのように婚活を進めていけばいいのか分からない人に、結婚のプロであるアドバイザーがアドバイスをしてくれます。

 

プロのアドバイスを受けることにより、より効果的に婚活を進めることができるようになるためオススメの方法です。

Share

ご不明点などお気軽にお問い合わせください

相談
無料
0120-973-612

受付平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休