高学歴の人は、仕事も結婚も有利になる、という話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

婚活においても学歴は影響しますが、婚活中に学歴がどれほど影響するのか、また男女で学歴の影響が異なるというのは本当か、という内容を詳しく解説していきます。

また高学歴であれば婚活だけでなく、結婚後の生活にも影響する場合があるため、そのあたりも詳しく紹介していきます。

">
成婚までを徹底サポート【結婚相談所ならワンブライド】

0120-973-612

平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00 ※火曜日定休

平日 10:00~20:00
土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休

- Blog -婚活お役立ちブログ

学歴と婚活の関係性とは?学歴がなければ婚活は難しい?

高学歴の人は、仕事も結婚も有利になる、という話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

婚活においても学歴は影響しますが、婚活中に学歴がどれほど影響するのか、また男女で学歴の影響が異なるというのは本当か、という内容を詳しく解説していきます。

また高学歴であれば婚活だけでなく、結婚後の生活にも影響する場合があるため、そのあたりも詳しく紹介していきます。

婚活中の学歴はどれほど影響する?

まずは婚活中の学歴について、どこからが高学歴に分類されるのかを知っていきましょう。

高学歴かどうかによって、婚活に影響があり、具体的にどのような影響があるのかも紹介していきます。

婚活では学歴も見られており、印象も変わってくる場合があるため、重要なポイントのひとつとなっています。

 

高学歴の線引き

高学歴には明確な基準や線引きがあるわけではありません。

人により高学歴だと思っていた学歴も、高学歴には分類されないと判断されることもあります。

考え方としては、誰もが知っている名前の通った大学を出身していると、高学歴となります。

具体的には国立大学、早慶上智、MARCH、関関同立、東京理科大、学習院大、国際基督教大学など、難関と言われる有名な大学を出ていることで高学歴と呼ばれます。

 

婚活での影響

婚活において高学歴であることの影響は、一流大学を出ていることから、ある課題に対して真剣に取り組める性格であることがわかったり、高学歴だからこそ一流企業に就職できていて高収入が期待できるなどがあります。

難しい大学を卒業しているという点から、問題を建設的に解決できる性格であることが多く、夫婦間の問題にも取り組める姿勢が予想できます。

一流企業に就職している場合には将来の安定性なども期待できるため、高学歴の人と結婚したいと考える人は少なくありません。

男女で異なる学歴の有利不利は?

高学歴であれば誰でも婚活が有利か、というとそうでもありません。

もちろん高学歴であることが悪いということはありませんが、男女によって学歴の有利と不利が発生することがあります。

ここでは高学歴の男性が有利なのか、高学歴の女性は不利なのかといった性別と高学歴の関連性を紹介していきます。

 

高学歴の男性は有利?

男性が高学歴で、一流企業に就職している場合には、女性からハイステータスな男性であると思ってもらえたり、一流企業ならではの安定した高収入が期待されるなど、女性からの期待が高まり有利になる傾向にあります。

また結婚し、子どもができた場合にも高学歴であることから教育に対する理解があると判断することもでき、収入だけでなく育児に対しても安心することができると考える女性は少なくありません。

 

高学歴の女性は不利?

対して、高学歴の女性は不利だと考える考え方があります。

高学歴の女性がどんな場面でも必ず不利かというと、そういうわけではないので安心してください。

男性よりも女性の方が学歴が高い場合には、プライドの高い男性が気にする場合などがあります。

また自身よりも高学歴の女性と結婚することに抵抗がある男性もいないわけではないため、学歴が不利に働くケースもあることを知っておきましょう。

女性が婚活中に求める「学歴」とは?

女性が思う高学歴と、男性が思っている高学歴では印象や意味が異なっている場合があります。

大学を卒業しているかどうかという点を判断基準として考える男性と、一方で大学を出ているだけでは満足できないと考える女性がいます。

女性が婚活中に男性に求める学歴について、見ていきましょう。

 

大卒=高学歴ではない

女性からは、大学を出ていることが高学歴というわけではない、と認識されています。

具体的には、高卒よりも大卒の方が高学歴という考え方ではなく、大卒は前提となっており、一流の大学を出ているかどうかが女性にとって男性が高学歴かどうかを見極めるポイントになっています。

高学歴の男性を探している女性にとって、無名の大学を卒業している男性は高学歴ではなく、一般的な大卒というだけの見られ方になるため、注意が必要です。

 

大学名を見ている

学歴が大切だと考えている女性は、大学を卒業していることが前提で、ポイントは卒業している大学名となっています。

国立大学、早慶上智、MARCH、関関同立、東京理科大、学習院大、国際基督教大学といった、誰でも聞いたことがある有名大学を出ていることが高学歴であり、女性の求めている高学歴な男性とは知名度の高い大学を出ている必要があります。

男性が胸を張って大卒をアピールしても、女性はどの大学を卒業しているのかを見ているため、有名大学ではなかった場合には期待外れだと思われてしまう場合があります。

高学歴は結婚生活にも影響する

高学歴であることが、婚活だけでなく結婚してからの生活にも影響すると考えられています。

具体的には高学歴であることが収入や教育にも影響しやすいと考えることができると言われています。

ここからは高学歴ならではの結婚生活への影響を紹介していきます。

 

高収入につながる

学歴が高いと、一流の企業へ就職できる確率が高まります。

一般大学よりも一流大学の採用に積極的な一流企業も多く、一流企業に就職できれば、同年代の人たちと比べて高収入だったり、一流企業の中で昇進することで将来さらなる高収入が期待できるなど、収入に対して期待することができます。

収入は家庭内で問題になりやすいため、収入の安定や高収入は夫婦生活に大きなプラスと言えます。

 

子どもの教育にも関係する

高学歴の人は、自身が過去にたくさん勉強してきているため、子どもの教育に対して大きな理解を持つことができる場合が多いのも特徴です。

教育に理解がある家庭では、子どもに効率的な教育をすることができ、子どもも勉強しやすい環境を手に入れやすい傾向にあります。

また、勉強を教えたりするだけでなく、高学歴の人は知性があるため、家庭内での振る舞いを見て子どもが知性のある言動を真似するなど、高学歴の親の背中を見させて育てることができるのも良い影響と考えられます。

高学歴だから結婚しやすいわけではない

学歴が婚活に影響することをお伝えしてきましたが、高学歴であれば必ず婚活が成功するかと言えば、そうとも限りません。

婚活をしていく中で学歴は確かに影響し、相手から見られている可能性が高いステータスのひとつではありますが、高学歴であることが必ず結婚できる条件ではないため注意が必要です。

結婚相談所を活用した婚活方法

高学歴だけど結婚願望があるという場合には、結婚相談所を活用した婚活がおすすめです。

おすすめの理由は、結婚相談所では婚活についての悩みを相談できる結婚相談という仕組みがあり、結婚のプロが結婚についての悩みにアドバイスをしてくれます。

高学歴だけどなかなか婚活が進まない、など悩んでいることは結婚相談を利用し、効率的に婚活を進めていきましょう。

Share

ご不明点などお気軽にお問い合わせください

相談
無料
0120-973-612

受付平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休