成婚までを徹底サポート【結婚相談所ならワンブライド】

0120-973-612

平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00 ※火曜日定休

平日 10:00~20:00
土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休

- Blog -婚活お役立ちブログ

ネット婚活はメールのやり取りが大切!婚活メールのポイントを徹底解説!

ネットでの婚活はもちろん、結婚相談所での婚活などで出会った相手との連絡はメールなどのメッセージツールを使ったやり取りがメインになりがちです。

 

お互いに直接電話ばかりしていては、時間が限定されてしまい、自分の時間や仕事などにも影響してしまう場合があるため、手軽なメールなどのメッセージを利用して連絡することが多くなります。

 

今回はメールのやり取りで気を付けたいことや、メールのやり取りが続かない場合のポイントなどを紹介していきます。

ネット婚活でメールのやり取りは必須!

今や、婚活における連絡手段は電話よりもメールなどのメッセージサービスを活用することが多く、そのやり取りができることが婚活を上手く進めるために必要です。

 

男性にはメールのやり取りにあまり馴染みがない場合もありますが、女性は友達同士だったりSNSだったりとメールやメッセージ機能を活用する場面が多く、慣れている傾向があります。

 

直接会っている時や、電話とは違い、メールならではの注意点などを知っているかどうかで、ネット婚活の成功が決まるといっても過言ではありません。

 

メールの頻度で本気度がわかる?

相手が本気であればあるほど、メールの頻度が頻繁になる傾向があります。

 

しかしメールが届いてから返事まで時間が短すぎると、相手に対して返信を急かしているようなプレッシャーを与えてしまうこともあるため、あまり返信を急ぎ過ぎても良くないと考える人も多くいます。

 

相手と会いたい気持ちが強かったり、婚活に対して本気であればあるほど、メールの頻度が高まっていく傾向にあるため、返信が頻繁に届く場合には相手が本気かもしれないと感じることができます。

 

メールの返信に追われる場合も

同時に複数の相手とメールのやり取りをしていると、仕事の休憩など隙間時間でメールをチェックをすると驚く程たくさんのメールが届いている場合もあります。

 

それぞれの返信に追われてしまい、自分の自由な時間が減ってしまったり、私生活に影響が出てしまうケースも珍しくありません。

 

そのため、メールのやり取りは自分の中で無理のない人数と文章量を心がけて、適度なやり取りを意識することが大切です。

メールがなかなか続かない時は?

メールのやり取りがなかなか続かなかったり、いろいろな人とメールのやり取りをしている中で相手から返信が来なくなることが多いと感じる場合には、メールの内容などに問題がある可能性が考えられます。

 

相手がメールを返信しやすいような内容に工夫したり、文章のボリュームを考えたり、送信する時間帯などに注意することでこれまで以上にメールのやり取りを続けることができる場合があります。

 

すぐに実践できる4つの方法を紹介しますので、早速今日から実践してみてくださいね。

 

相手が返信しやすいように工夫する

自分のメールで内容が完結してしまうと、相手が返事しにくいと感じてしまう場合があります。

 

メールはリアルタイムでの会話とは異なり、返信しやすい内容であればあるほど返事しようという意欲も沸きます。

 

具体的には、メールの最後に相手にとって答えやすいような簡単な質問を入れたり、自分のことばかりの内容ではなく相手のことにも触れるような本文を意識すると相手も返信しやすくなります。

 

やり取りの回数は多すぎる必要なし

何通ものメールを毎日続ける必要はありません。

 

一日に一通の返事でも十分に婚活メールを継続していくことは可能で、朝にはおはようメール、夜にはおやすみメールなどをこまめに送信しすぎると相手も同じく対応に追われることになります。

 

メールの数が増えれば増えるほど相手のことをより多く、早く知ることができますが、同時にメール返信にかかる時間も膨大になるため、頻度は少な目に抑えておくのが無難です。

 

文章のボリュームを相手に合わせる

相手がほどほどの文章量でメールを送ってきている場合に、こちらからの返事が「はい」や「そうですね」といった短すぎる内容の場合、相手は返事をする意欲を失う場合があります。

 

相手にとっては一生懸命考えて入力しているメールですが、その返信が一言だけだと虚しい気持ちになり、もう文章を考えて送る必要がないと判断されたり、そもそもメールのやり取りを続ける気がなくなってしまうことも。

 

文章の量は相手に合わせるようにしたほうが無難です。

 

やり取りする時間帯にも注意する

早朝や深夜にメールを送信することは、ビジネスと同様に失礼にあたる場合があります。

 

メールはスマートフォンをマナーモードにしていることで音が鳴らない場合もありますが、真夜中にメールの受信音が鳴ってしまうことで相手を起こすこともあるため注意が必要です。

 

また起こしてしまうかどうかではなく、真夜中や早朝にメールを送信することで非常識な人だという印象を与える場合もあります。

メールのやり取りがつまらない場合

相手からのメールがつまらないと感じたり、相手と波長が合わないと感じた場合には、無理にメールのやり取りを続ける必要はありません。

 

相手のことを受け入れる考え方や姿勢はとても大切ですが、そもそもメールのやり取りがつまらなかったり、返信するのが大変だったりする場合には相手に対してはっきりとお断りをすることも必要です。

 

メールのやり取りがつまらない場合に意識したいポイントを3つ紹介していきます。

 

お断りはなるべく早く相手に伝える

相手とのやり取りがつまらないと感じたり、これ以上続けたいと思えない場合には、なるべく早くそのことを相手に伝えることが大切です。

 

お断りは相手に言いにくいことですが、ネット婚活が進んでいき、メールでのやり取りをしている期間が長くなれば長くなるほど断りにくくなります。

 

相手に対して断りを入れたいと思った場合には、なるべく早く相手にお断りの意思を伝えましょう。

 

曖昧な断り方はNG

相手に対してお断りをするときに絶対に注意すべきことは、曖昧な断り方をしないことです。

 

はっきりとお断りすることは勇気が必要だったり、相手のことを考えると気が乗らなかったり、言い方を変えて相手に伝えたいと思うこともあります。

 

しかし曖昧なお断りをしてしまうと、相手の受け取り方によっては断られていることに気付かなかったり、中途半端な状態になってしまう可能性もあります。

 

直接目を見て会話している時とは違い、メールは相手の受け取り方により読み取りが変わってしまう場合もあるため、誰が見てもわかるはっきりとしたお断りメールを送ることが大切です。

 

男性はメールの文章を作るのが苦手

男性はそもそもメールを作るのが苦手な人が多く、楽しいメールのやり取りや相手に気遣うことができる返信しやすいメール作りなどができない場合も多くあります。

 

ぶっきらぼうな印象を与えたり、不器用な印象を与えてしまう場合もあります。

 

女性は反対にメールなどに慣れている人が多いのですが、男性のメールは少し不器用なものだと理解することも大切です。

婚活に行き詰まったら結婚相談所の利用を視野に

ネット婚活で上手くいかないと感じた場合には、結婚相談所を活用した婚活を視野に入れてみることをオススメします。

 

結婚相談所では結婚のプロであるアドバイザーに質問する結婚相談ができたり、理想の相手を探してマッチングしてからお見合いに発展するなど、婚活を効率的に進めるための仕組みが整っています。

Share

ご不明点などお気軽にお問い合わせください

相談
無料
0120-973-612

受付平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休