できることならお見合いで失敗したくない、と考える人がほとんどです。

お見合いをする前に、相手が自分のことを知ることができる最初の情報が、プロフィール情報。

お見合いの成功と失敗は、プロフィールの書き方で決まるといっても過言ではありません。

それでは、どのようなプロフィールを意識すれば印象がよくなり、お見合いが成功するのでしょうか。

今回はお見合いの印象をよくする、成功するためのプロフィールの書き方を解説していきます。

">
成婚までを徹底サポート【結婚相談所ならワンブライド】

0120-973-612

平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00 ※火曜日定休

平日 10:00~20:00
土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休

- Blog -婚活お役立ちブログ

お見合いの成功はプロフィールの書き方で決まる?自己紹介のポイントを紹介!

できることならお見合いで失敗したくない、と考える人がほとんどです。

お見合いをする前に、相手が自分のことを知ることができる最初の情報が、プロフィール情報。

お見合いの成功と失敗は、プロフィールの書き方で決まるといっても過言ではありません。

それでは、どのようなプロフィールを意識すれば印象がよくなり、お見合いが成功するのでしょうか。

今回はお見合いの印象をよくする、成功するためのプロフィールの書き方を解説していきます。

お見合いではプロフィールが重要

お見合いではプロフィールが大切と言われますが、その理由は相手と実際に会う前に相手を判断することができる数少ない情報だからという点が挙げられます。

プロフィールを見て、相手と会うかどうかを決める、重要な情報となります。

そのため、プロフィールが適当だったり、魅力を感じない場合にはそもそもお見合いをすることもできないという結果になってしまいます。

大切なプロフィールをしっかりと完成させるために気を付けたいポイントを紹介していきます。

成功に導く好印象なプロフィール

プロフィールを書くポイントといっても、人それぞれ書ける内容が変わってくるため、具体的な例文を出すことは難しいものです。

しかし、成功に近づくための印象の良いプロフィールには共通点があり、それらの共通点を踏まえて作成することで好印象のプロフィールに仕上げることができます。

ここからは実際に5つのポイントに分けて、成功するプロフィールの書き方を解説していきます。

 

アピールしたいポイントを決める

何よりも、アピールポイントを絞って効果的にアピールしていくことが大切になります。

自身のアピールポイントを冷静に見つめ直し、プロフィールではっきりとアピールしていきましょう。

この時、アピールポイントをたくさん用意しすぎると、結局何をアピールしたいのかが伝わりにくくなり逆効果となってしまいますので、注意が必要です。

 

自分を大きく見せすぎない

プロフィールを見た人に良く見られたい気持ちがあっても、自分を大きく見せる書き方は良くありません。

プロフィールで魅力を感じ、実際に会うこととなったあと、相手からプロフィールに書かれていた印象と違うといった差を感じられてしまうことがあります。

これからもお付き合いをしていくこととなる相手に、会う前から自分のことを誇大表現してしまっていては、嘘つきだと思われたり大袈裟に言う人だと思われるなど、マイナスの印象で始まることがありますので注意しましょう。

 

小さく見せる必要もない

自分を大きく見せることは良くないとお伝えしましたが、自分を小さく見せる必要もありません。

自分自身に自信が持てずに、謙遜してしまったり、遠慮して控えめに書いてしまう場合がありますが、ありのままの自分が相手に伝わるように書くことが結果的にお互いがお互いの時間を無駄にしなくて済む方法です。

プロフィールを見て判断して、会いたいと思った相手が、プロフィールの内容と違っているということは少なくとも予想できないことです。

そのため、会ってみて初めてやっぱり理想と違うと感じる場合とは異なり、会う前からプロフィールで判断できたはずのことが、事実と違う書き方だったことでわからなかったというパターンは避けたいところです。

 

興味や趣味が伝わる内容にする

自分自身がどんなことに興味を持っていて、趣味を持っているのか、という項目は軽視されがちですが、意外と重要な内容となっています。

また、興味や趣味が相手に伝わることで、共通の趣味を分ちあえたり、趣味や興味がきっかけで相性のいい人と出会えることもあります。

共通の趣味を持っている人とは、話題も豊富に持つことができるため、プロフィールから興味や趣味が伝わる内容になるように意識しましょう。

 

見ている人が共感できる内容を混ぜる

自分のことが正しく伝わるプロフィールに仕上がり、いざ誰かに見られた時に、相手が共感してくれる内容が含まれているかどうかも大切です。

親近感を得たり、共通の趣味を持っていたり、自分に近いものをプロフィールの中から見つけたりすると一気に好感を獲ることができる場合があります。

また人間らしさを大切に考える人も少なくないため、人間味のあるプロフィールは共感してもらいやすい傾向にあります。

例えば完璧すぎる学歴と経歴だけを記載するのではなく、趣味の項目も力を入れるなど、共感してもらえるプロフィール作りが必要です。

相手に嫌がられるプロフィールとは?

お見合いにおいて、プロフィールから相手のことを知って、会いたいと思ったり興味がないと判断したりといったことがあります。

また実際に会っていないのに、プロフィールだけを見て嫌がられるパターンもあります。

ここでは会う前に嫌がられるプロフィールの特徴を紹介していきます。

 

空欄が多い

項目によってはあまり書くことがないと感じたり、相手に伝えるべきではないと勝手に判断して、空欄にしてしまうことがあります。

しかし、書くことが無かったとしてもプロフィールは全ての項目を埋めていることが大切です。

ひとつでも多くの情報を伝える目的はもちろん、空欄が多いプロフィールは本気で相手を探している感じが伝わらなくなるため印象がよくありません。

特に結婚相談所でプロフィールを見て相手を探している人は、結婚に対する意識が高く、空欄の多い人のプロフィールは意識が低いと感じてしまうかもしれません。

 

希望の条件が多い

希望の条件で相手を探すことができる結婚相談所ですが、相手を探す時の理想条件が多すぎるとなかなか相手が見つからなくなります。

またプロフィールから相手に求める条件が多いことが相手にとって細かいことまで要求してくる印象を持ってしまい、嫌がられる傾向があります。

希望の条件を書くことは問題ありませんが、条件が細かすぎたり多すぎると嫌がられますので注意しましょう。

 

自慢話が多い

自分の自慢ばかりをプロフィールの中でアピールしてくる相手と会うと、デート中もずっと自慢をされるのではないか、と身構えられてしまいます。

また相手の話を聞かないタイプの人かもしれないと警戒される恐れもあるため、自身の経歴について事実を書くことは問題ありませんが自慢にならないような書き方の工夫が必要です。

  <h3>お金に関する内容が多い

お金の話を出し過ぎると嫌がられる傾向があるため、お金に関する内容を書くこともあまり好ましくありません。

特にギャンブルや、借金の話などを記載していると、良いイメージを持たない人も多く、出会いまで発展しにくくなる可能性が高まります。

 

相手に合わせる気持ちが見えない

自分に合わせてほしい、自分のことを大切にしてほしい、自分だけを見ていて欲しいなど、相手の行動を制限したり、相手の気持ちに寄り添う様子が感じられないプロフィールも嫌がられやすいため注意しましょう。

相手の気持ちに寄り添う姿勢があることも伝わるような書き方の工夫が必要になります。

プロフィールの書き方を相談する方法

様々なポイントを紹介してきましたが、実際に書いてみた時に難しく感じたり、どのように書けばよりよい印象になるのか分からなくなることがあります。

そういった場合には結婚相談所でプロフィールの書き方を相談することで、より良いプロフィールに仕上げることができます。

Share

ご不明点などお気軽にお問い合わせください

相談
無料
0120-973-612

受付平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休