女性保育士との結婚について考えたことはありますか。

保育士をしている女性と結婚するメリットとデメリットを知っておきましょう。

今回は女性の保育士と結婚するメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

希望の条件で結婚相手を探す方法についても紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

">
成婚までを徹底サポート【結婚相談所ならワンブライド】

0120-973-612

平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00 ※火曜日定休

平日 10:00~20:00
土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休

- Blog -婚活お役立ちブログ

女性の保育士との婚活とは?保育士と結婚するメリットとデメリットを解説!

女性保育士との結婚について考えたことはありますか。

保育士をしている女性と結婚するメリットとデメリットを知っておきましょう。

今回は女性の保育士と結婚するメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

希望の条件で結婚相手を探す方法についても紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

女性の保育士は未婚が多い?

女性の保育士は、意外と未婚の人が多いということです。

結婚している保育士の女性ももちろん多くいらっしゃいますが、未婚のまま保育士を続けている女性もいらっしゃいます。

保育士の女性と結婚したい男性にとって、未婚率が高いということは結婚できる可能性が高いと考えることができるため良い情報に感じられるかと思いますが、未婚率が高いということは何か理由があるものです。

女性の保育士が未婚の理由

なぜ女性保育士の未婚率が高いのか、その理由について3つにわけて紹介していきます。

女性保育士と結婚を考えている男性にとって、女性保育士が結婚できない理由を把握することは出会いのヒントになりますので、早速見ていきましょう。

 

異性との出会いが少ない

女性の保育士はとにかく男性との出会いの場が少ないことが多く、職場と自宅の往復だけでは異性と出会うこと自体が難しい仕事だと言われています。

また、これは保育士として働いている間だけではなく、保育士を目指す学生時代から出会いが少ない環境が続いているという保育士も多く、出会える場所が無いことに悩んでいる女性保育士も少なくありません。

また保育士の仕事はとても忙しいため、仕事が終わってから出会いの場に参加するということも、時間的に難しい場合が多いことも関係しています。

 

仕事がとにかく忙しい

仕事が忙しいためなかなか出会いに時間を使うことができないこともその通りですが、単純に仕事が忙しいあまり出会いがあったとしても恋愛に発展することが難しい場合も多くあります。

デートの約束をしても、当日になって残業になりデート時間に遅れたり、キャンセルすることになる場合も少なくありません。

仕事が忙しいことで、恋愛に対するスケジュールがなかなか確定できず、相手の男性ができたとしてもお付き合いを継続することが難しくなるケースがとても多い仕事です。

 

恋愛が長続きしないことも多い

仕事が忙しく、出会いも少ない中、ようやくお付き合いができるようになったとしても、なかなか恋愛が長続きしないパターンが多いのも保育士と恋愛をする特徴のひとつと言われています。

仕事が忙しいために時間が確保できず、デートの約束や会う約束が不安定になることももちろん理由に含まれることがあります。

他にも仕事に対するストレスなどで彼氏に強く当たってしまうことが増えるなど、なかなか恋愛に集中することができないことも理由になっています。

保育士と結婚するメリット

女性保育士と結婚すると、様々なメリットがあります。

一般の女性と結婚するのと違い、保育士ならではの家庭観をもって結婚することができるメリットがあるため、保育士女性と結婚するメリットを3つ紹介していきます。

 

子育てが上手くできる

保育士は子どもと接する仕事のため、子育てに問題を持つことはほぼないと考えることができます。

結婚して子どもができた場合にも安心して育児で頼ることができるため、初めての子育てに右往左往することとなる一般家庭の夫婦とは違い、落ち着いた子育てができます。

注意すべき点は、保育士の妻に子育てを任せきりになってしまいがちである点です。

子育ても家事も夫婦で分担して行うことが理想的と言えます。

 

保育士は国家資格

保育士は、国家資格を持って勤める仕事です。

資格が必要ではない仕事とは異なり、国家資格を持っていることによる仕事の安定は大きな強みと言えます。

また保育士を好きで続けている女性の場合は、結婚後も共働きに対する理解があったり、男性が主夫として家事をするなどの分担ができる場合もあります。

 

大事にしてもらえる

母性の強い性格の女性が多い仕事でもあるため、保育士の女性と結婚することができれば大切にしてもらえる可能性が高いと考えることができます。

しかし保育士は忙しい仕事で、なかなか自分の時間を上手く確保できない場合も多いことから、保育士の女性と結婚する場合には相手の仕事のストレスを緩和してあげられるような考え方も求められます。

保育士と結婚するデメリット

保育士の女性と結婚するメリットを紹介しましたが、デメリットもいくつかあります。

それぞれのメリットとデメリットを正しく理解することで、より深く理解することができ、良好な関係を築けるようになれます。

保育士の女性と結婚する場合のデメリットを3つ紹介していきます。

 

残業が多く時間の調整が困難

何度か解説してきましたが、保育士はとにかく忙しい仕事のため、予期せぬ残業が発生したり、そもそも残業時間が多かったりなど、自由な時間が減りやすい仕事です。

そのため保育士の女性と何か予定を作ったとしても、予定通りに物事を運ぶことができなかったり、予定そのものを別の日に再設定しなければならなくなるなど、時間の調整が困難であることがデメリットと言えます。

時間に余裕をもってスケジュールを設定しても、残業が長引くことも多い仕事のため、なかなかスケジュールを確定させることができません。

 

保育士はとにかく忙しい仕事

忙しい仕事だからこそ、スケジュールの調整が困難であることはもちろん、仕事に対するメンタルを維持することも難しい時があります。

忙しくて心が折れそうになっている時は、支えるのも大変です。

保育士の女性と結婚した場合にはこのように男性側ではどうすることもできない仕事の大変さに寄り添う必要があり、また上手にケアできるよう工夫することがが大切。

この時、男性側も仕事で大変だったりストレスを抱えていると、互いに仕事の疲れを吐き出しにくくなり、イライラが溜まってしまう結果になる可能性があるため注意しなければなりません。

 

ストレスの影響が出ると大変

保育士はストレスの溜まる仕事と言われています。

時間の調整が困難だったり、メンタルの維持も難しい、残業が続けば体力的にもしんどくなり、保育している子どもたちの親と接する機会も多い仕事です。

ストレスが表面化しやすく、我慢強い人であってもいきなり爆発する可能性もあり、仕事が休みの日や平日の夜などに愚痴を言い続けてしまう保育士さんも少なくありません。

愚痴を言うなということもできませんし、全てを受け止めて支えるのも大変なことです。

結婚相談所で希望の条件で探す

結婚相談所では、結婚相手に求める理想の条件を設定して相手を効率的に探すことができます。

保育士と結婚したいなど、希望の条件を相談してみましょう。

また結婚相談所では結婚のプロであるアドバイザーへ相談することができます。

婚活がなかなか進まない場合や、理想の相手になかなか出会えない場合などに、積極的に結婚相談所の結婚相談を活用することが大切です。

Share

ご不明点などお気軽にお問い合わせください

相談
無料
0120-973-612

受付平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休