成婚までを徹底サポート【結婚相談所ならワンブライド】

0120-973-612

東京・新宿本社:平日 10:00~19:00/土日祝 10:00~19:00※火曜日定休

横浜サロン:平日 10:00~19:00/土日祝 10:00~19:00 ※火曜日定休

平日 10:00~19:00
土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休

- Blog -婚活お役立ちブログ

結婚相談所で結婚できるの?異性から選ばれやすくするポイントも解説

結婚相談所は「最後の砦」といわれることもありますが、入会したからといって必ずしも結婚できるとは限りません。なぜなら結婚相談所を活用した際に、自分が良い相手だと思っていても、相手からも同じように思われていなければ関係は発展しないからです。

だからこそ、最初に相手から選んでもらえる状態を作っておくことが大切です。じつは、結婚相談所で成婚できた人には、相手から選ばれるポイントを押さえているという共通点があります。

相手から選ばれるポイントのひとつには「プロフィールの作り方」があります。このポイントを知って、多くの出会いのきっかけを無駄にしないようにしましょう。

そこで今回は、結婚相談所で結婚できる人に共通する5つの特徴やお見合いが成立しやすくなるプロフィール作りのポイントを紹介します。異性から選ばれやすくなるポイントも解説しているので、結婚相談所の利用を検討したい方は参考にしてみてください。

失敗しない結婚相談所の選び方は「失敗しない結婚相談所の選び方とは?複数登録するのがおすすめな理由や選ぶ基準を解説」で解説しているので、あとで目を通してみてください。

結婚相談所で成婚する人の共通点とは?

結婚相談所で成婚できるのは、相手となる異性から選ばれるような行動が取れています。主なポイントとしては、真剣に取り組もうとしている姿勢が伝わることです。 婚活アドバイザーで数万人の相談を受けてきた中で、相手から選ばれる人の共通点は、以下に挙げられます。

  1. 受け身にならず積極的に行動する
  2. 希望条件を減らし相手の内面を見る
  3. カウンセラーのアドバイスを素直に受け入れる
  4. 外見・内面の自分磨きを怠らない
  5. 重要なシーンで人任せにせず決断できる


まずは順に共通点を見ていきましょう。

1.受け身にならず積極的に行動する

結婚相談所では、受け身にならず積極的に行動した人のほうが成婚率が高い傾向があります。結婚相談所は出会いの場を提供したり交際のアドバイスをしてくれますが、あくまでも婚活のサポートに過ぎません。

出会いを生かせるかどうかは主役である自分次第なので、本気で理想の結婚を叶えるためには努力が必要不可欠です。

例えば、紹介された相手に積極的に会ってみたり、自らお見合いを申し込んだり、結婚相談所が主催するパーティーなどのイベントにもどんどん参加していきましょう。

受け身にならずに自ら行動を起こすことで出会いのチャンスがどんどん広がり、結婚できる確率もぐんとアップします。

2.希望条件を減らし相手の内面を見る

結婚相談所で成婚できる人は、条件ばかりにとらわれず相手の性格や人柄など内面をきちんと見ているのが特徴です。

年収や学歴、容姿、家族構成など理想の結婚相手の条件を挙げればキリがありませんが、必要以上に高望みしたり条件を絞りすぎると、素敵な相手に出会えるチャンスを自ら逃してしまいます。そのため「これだけは譲れない」というポイント以外は「妥協」ではなく「許容」することも大切です。

婚活ではどうしても「結婚すること」をゴールにしがちですが、その先には長い結婚生活が待っています。 何気ない日常をずっと穏やかに過ごせる相手を見つけるには、性格の相性を重視することが非常に重要です。

3.カウンセラーのアドバイスを素直に受け入れる

結婚相談所では、一人ひとりに専任のカウンセラーがついてくれますが、アドバイスを素直に受け入れる姿勢も大切です。

婚活はスムーズに進むことばかりではなく、ときにはお見合いがなかなか成立しなかったり交際が上手くいかないこともあるでしょう。

そんなとき、専任カウンセラーはこれまで多くの会員を成婚に導いてきた経験をもとに、プロとしてさまざまなサポートをしてくれます。 客観的な視点から改善点もアドバイスしてくれるので、真摯に向き合うことであなた自身の魅力がアップし、結婚に繋がりやすくなります。

4.外見・内面の自分磨きを怠らない

結婚において重要なのは、相手から「この人となら生涯を共にできそう」だと思ってもらえるかです。そのためには、内面的な部分を磨くことが大切ですが、容姿も清潔感が保てる程度にはしておきましょう。

なぜなら、内面を見てもらう前に外見で印象が決まってしまうからです。 「メラビアンの法則」という心理学によると、人の第一印象はたった3秒で決まり、視覚情報が55%を占めると言われています。

だからこそ、お見合いで相手に好印象を与えて「いいな」と思ってもらうためには、外見と内面のどちらも自分磨きを怠らないことが大切です。

5.重要なシーンで人任せにせず決断できる

結婚相談所で結婚できる人は、ここぞという時に決断力があります。婚活中や結婚に至るまでの過程では、以下のように決断しなければならない場面がたくさん出てきます。

  • お見合い相手を選ぶ
  • デートの行き先やお店を選ぶ
  • お見合い相手と交際に進むかどうかを決める
  • 交際相手と結婚するかどうかを決める

特に結婚は人生を左右する非常に重要な決断なので、なかなか決め切れないことも多いでしょう。

もちろん、じっくり考えることも大切ですが、いつまでも決断できず先送りにすると婚期を逃して後悔する可能性もあります。結婚は考えれば考えるほど沼にはまり決断できなくなってしまうので、思い切って飛び込むことも大切です。

また、これらを満たした行動を取っていても相手に伝わらなければいけません。特に相手にとっては、あなたを判断できる情報が限られているため、相手が得られる情報の中で最大限魅力を伝えていく必要があります。

そこで、プロフィールを工夫していくことが非常に大切となります。次の項で、プロフィールについて解説します。

婚活で選ばれやすくなるプロフィールの作り方

結婚相談所で良い相手との出会いのチャンスを無駄にしないためには、複数の相手とのお見合いを経験して流れを掴んでおく必要があります。

しかし、思うようにお見合いが成立しない場合は、プロフィールの内容に改善点があるのかもしれません。

婚活アドバイザーとして多くの成婚を実現させてきた中で、お見合いが成立しやすくなるプロフィールのポイントは以下の3つが挙げられます。

  • 写真はスタジオでプロに撮影してもらう
  • プロフィールは空白にせずすべて埋める
  • 居住地はできるだけ市町村まで書く


それぞれ詳しく解説していきます。

写真はスタジオでプロに撮影してもらう

結婚相談所でのプロフィール写真は、スマートフォンなどで撮影するのではなく、必ずスタジオでプロのカメラマンに撮影してもらいましょう。

自身の雰囲気がよく伝わるだけでなく、スタジオまで足を運んで撮影したという真剣さも選ばれるポイントです。気まぐれで相手を探している姿勢よりも、真剣に相手を探しているという真面目さも相手からは良い印象を得るきっかけとなります。

最近はスマートフォンのカメラ機能も発達して綺麗な写真が撮れるようになりましたが、やはりスタジオでプロのカメラマンに撮影してもらう写真とは大きな差が出ます。

また、スマートフォンを利用した写真では加工したのか分からず、相手に不必要な心配をさせてしまう可能性もあります。

もちろん、清潔感のあるヘアースタイルや服装にも気をつかい、「相手にどんな風に思われたいか」を考えて自分自身をコーディネートするようにしましょう。

もし、自身の見せ方に悩んだ時にはカウンセラーに相談してみましょう。

プロフィールは空白にせずすべて埋める

プロフィールは空白にせず、すべて埋めることが大切です。なぜなら、お見合いが成立して会うまでは、相手のプロフィールや婚活アドバイザーからの情報しか得ることができないからです。

つまり、情報が少ないほど不利な状況で他の登録者と比較されてしまうということです。 プロフィールをすべて埋めることで、相手があなたの具体的な人物像をイメージしやすくなり、「この人と会ってみたい」と思ってもらえる可能性が上がります。

自由記入欄を埋めるコツ

自由記入欄(自己紹介文)にはあなたの趣味や休日の過ごし方などを詳しく書きましょう。普段のあなたに対して理解のある相手から選ばれやすくなります。

例えば、休日は家でゆっくり読書をするのであれば、そういった生活に理解のある人から注目されやすいからです。

他にも、詳しく記載することで丁寧な印象を与えられるため、相手に安心感を与えることができます。デートで行ってみたい場所や、理想の夫婦像などを書くのもおすすめで、実際に会ったときの会話のきっかけになります。

プロフィールを埋める心理的な効果

人間関係において、重要な法則である「返報性の原理」のひとつに「自己開示の返報性」という性質があります。相手が先に本心を開示することで「自分も心を開いて接したい」という気持ちになる心理のことです。

このような点を意識して、お互いの情報や気持ちを共有することでより親密な関係を築くことができます。 自己開示の一歩目はプロフィールからです。

少し恥ずかしいかもしれませんが、できるだけありのままの自分をプロフィールに記入しましょう。

<参考文献>
外見と手間の返報性

対人関係における行動傾向の類似性と親密性の相関関係
「影響力の武器」ロバート・B・チャルディーニ著書

居住地はできるだけ市町村まで書く

プロフィールに書く居住地は都道府県だけでなく、できれば市区町村(〇〇市)まで入れることをおすすめします。

例えば、北海道なら同じ道内でも、札幌から函館まで特急で3時間半かかります。結婚相談所では「できるだけ近いエリアで結婚相手を探したい」「地元を離れたくない」と希望している人も多いので、市町村まで書くことでお見合いの申し込みが増えることもあります。

小さな違いかもしれませんが、プロフィールからの情報からアプローチすべきかを判断されてしまうため、結果には大きく影響するということです。

プロフィールの書き方に困った時には、専任の婚活アドバイザーからサポートを受けられる場合が多いため確認しておきましょう。

さらに詳しいプロフィールの書き方については「婚活で選んでもらえるプロフィールの内容は?婚活アドバイザーが書き方を解説」で解説しているので、併せてご覧ください。

選ばれるには相手の求める条件を知っておく

国立社会保障・人口問題研究所が2022年9月に公開した「第16回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」によると、女性は男性に対し「経済力」を求めていることが分かります。一方で、男性は女性に対し「家事・育児の能力や姿勢」「容姿」を求める割合が上昇しています。

世代ごとに求める条件に変動はあるものの、女性は出産で働けない時期があります。男性の場合は、仕事で頭がいっぱいになり家事が疎かといったことが考えられます。

これらの「足りない要素を補いたい」という無意識の欲求を満たす条件に当てはまる人は、相手から選ばれやすい傾向にあります。

また、仕事に専念したいという女性や主夫を目指す男性がいるように、多様な現代においては「男性がやるもの」などと決めつけてしまわず、「一緒に取り組もうとする姿勢」こそが大切です。男性と女性それぞれが求める条件を詳しく見ていきましょう。

出典:第16回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)

男性が求める女性の条件

前述の調査で男性が結婚相手に対して重視・考慮する割合が高い項目は「人柄」「仕事への理解と協力」「家事・育児への能力や姿勢」となります。

  1. 人柄
  2. 仕事への理解と協力
  3. 家事・育児への能力や姿勢


見た目よりも人柄を重視する割合が高いことからも、雰囲気やフィーリングを大事にしている方が多いことが分かります。

また、平均所得の減少や収入への不安から、相手の経済力を重視する割合が1997年調査時の26.7%から48.2%に上昇しており、共働きを希望する男性が増えています。

女性が求める男性の条件

一方で女性も「人柄」を重視する割合が最も高いのは男性と同じですが、「家事・育児への能力や姿勢」「仕事への理解と協力」「経済力」が続きます。

  1. 人柄
  2. 家事・育児への能力や姿勢
  3. 仕事への理解と協力
  4. 経済力


特に家事・育児への能力や姿勢を重視する女性が増加しており、パートナーとの家事や育児の分担を求めていることがわかります。
共通の趣味を考慮する女性が年々減少している一方で、容姿を求める割合が増えています。

選ばれるための希望条件の決め方

結婚相手に希望する条件は、多くなるほど該当者が減ってしまいます。よくあるパターンなのが、条件に当てはまる人がいても相性が良くないことで、「良い相手がいない」と思ってしまうことです。

そのため、譲れない条件を少しでも減らして、人柄重視で出会いの機会を作ることも意識してみてください。

譲れない条件は少ない方が良い理由

婚活アドバイザーとしてサポートしてきた中でも、幸せな結婚生活を送っている人は条件ではなく人柄といった「相手そのもの」に目を向けられている傾向があります。

条件を減らすべき理由を以下に挙げてみました。

  • 結婚生活は価値観が影響する
  • フィーリングはスペックとは無関係
  • 条件は相手からも同じくらい要求される


条件が多いことは、相性の良い相手をふるいに掛けてしまう可能性があるだけでなく、あなたのプロフィールを見た際の印象も良くはありません。

例えば、コンビニなどで商品を選んでいる時に「こんな人にしか買ってもらいたくありません。」という告知があった場合、傲慢な印象を受けるのではないでしょうか。

こうした細かな違いが会ってみたいと思われるか、他を探そうと思われてしまうかに影響するのです。

では、それぞれの譲れない条件を減らす方が良い理由を詳しく解説します。

結婚生活は価値観が影響する

人はそれぞれ生まれ育った環境も違えば価値観も全然違います。 結婚生活を円満に送るためには、価値観のズレや違いをどこまで許容できるのか、お互いにどこまで歩み寄ることができるのかが重要になります。

例えば、年収1,000万以上を稼ぐ男性と結婚できたとしても、その男性が自身の趣味に生活の大半を浪費しており、生活費として使えるお金は極わずかで生活水準が年収500万円の世帯よりも貧しくなってしまうということもあるかもしれません。

どんなに家事や育児に協力的だったとしても食の趣味が合わなくて、お互いに我慢しながらの食事が続いてしあうかもしれません。

結婚式の有無、出産タイミング、将来設計などお互いの認識を合わせることができなければ、ストレスの原因となってしまうことでしょう。

 関連記事:お金持ちの人と結婚するには?実家が裕福な男性を見抜く方法や玉の輿に乗る方法も解説

フィーリングはスペックとは無関係

身体的特徴、趣味、学歴、仕事などの階級を表す「スペック」を重視し過ぎてしまっている方も多いかもしれません。 結婚や恋愛において一番大事なことは、これから長い年月を共にするパートナーと「一緒に過ごしたいと思えるかどうか」なのではないでしょうか?

どんなに条件が良くてスペックが高くても、好きになれない人との結婚生活は苦痛となってしまう可能性が高いです。 もちろん、容姿や年収も結婚する上では重要な要素です。

「愛があればお金はなくても良い」なんて割り切れる人はそう多くはありません。

最低限の条件はあって然るべきですが、表面的なスペックよりもフィーリングや相性、話していて楽しいかどうかなど、相手の本質に触れてみるのはいかがでしょうか?

関連記事:婚活に学歴は関係するのか?男女別の有利・不利な点や高学歴が結婚生活に与える影響を解説

条件は相手からも同じくらい要求される

スペックの高い相手を求めるからには、自分自身もそのスペックに見合うだけの価値を提示できなければ成婚にはいたりません。

結婚は人生の大きな決断であり、「絶対に幸せになりたい」「失敗したくない」と考えるのは当然のことです。だからこそ、気づかぬうちに相手に求める条件が多くなってしまっている方も多くいらっしゃいます。

そんなときには一度立ち止まってみて、自分にとって何が大事なのか、最低限大事な条件は何なのか、どの条件は譲歩できるのかを考えてみましょう。

関連記事:後悔しない結婚相手を選ぶには?基準や見極めのコツを婚活アドバイザーが解説

相手から選ばれるために結婚相談所をどう使えば良いのか?

結婚相談所を活用するにあたって、自分からアプローチをすることも大切ですが、相手から選ばれることも重要です。

なぜなら、相手がどうしても手に入れたいと思っている場合と自分からお願いする場合では、前者の方が自分の価値が上がるためです。 相手から選ばれるためには、以下のことを意識するのがポイントです。

  • 婚活アドバイザー(カウンセラー)とコミュニケーションを取る
  • お見合いの申し込みを積極的にお願いして知られる機会を増やす
  • 相手がどんなことに喜んでくれるかを考えておく
  • 複数の結婚相談所から合うものを2〜3社に絞って集中する


例えば、商品を購入する場合に店員から無理やり勧められるものと、自分で選んだものとでは、どちらが欲しいと思いますか?

これと同じく、相手が自分を選んでくれるようになることが重要だということです。 それぞれについて詳しく見ていきましょう。

婚活アドバイザー(カウンセラー)とコミュニケーションを取る

結婚相談所では豊富な婚活ノウハウを持つプロのカウンセラーが、みなさんをサポートする体制が整っています。

プロフィールの書き方だけでなく、結婚についての様々なアドバイスを受けることができるため、結婚相談所で結婚相談をすることは成婚への近道でもあります。

不安なことや少しでも気になることがあればぜひお気軽にカウンセラーにお話しください。

関連記事:婚活で選んでもらえるプロフィールの内容は?婚活アドバイザーが書き方を解説

お見合いの申し込みを積極的にお願いして知られる機会を増やす

せっかく結婚相談所に入会しても、待っているだけでは理想の相手に出会えません。選ばれる以前に、良さそうな方から自分を知ってもらわなければ何も進展しないからです。

まずは、積極的にお見合いに申し込み多くの相手とお話ししてみましょう。我々の運営する結婚相談所で調査した「成婚までのお見合い人数」は平均で約10名です。

特に2人に1人程度は、1〜5名とのお見合いで成婚に至っています。つまり、厳選してばかりいるよりも多くの人と話してみて、自分の中での判断基準を修正しながら婚活していくことが大切だということです。

見知らぬ人と話すことは、とてもエネルギーのいることです。ですが、後悔のない相手を見極めていくためにも、積極的にお見合いの機会を作っていきましょう。

<お見合いに関する記事>
お見合いで断られた理由は何がある?よくあるパターンや断り方のマナーを解説
お見合いの成功はプロフィールで決まる?好印象な自己紹介のコツまで解説

相手がどんなことで喜んでくれるかを考えておく

相手がどんなことで喜んでくれるかを考えることは、細かな気配りや会話にも現れます。こうした小さなことが、相手にとっては「この人しかいない」と感じることに繋がります。

「結婚相手を見つけたい」「幸せになりたい」という気持ちが先行してしまい、自分のことばかり考えてしまわないように気をつけることが大切です。

まずは、お見合いの相手がどんなことに喜びを感じるのか、何を幸せだと感じるのか、考えるためにもプロフィールを細かくチェックしておきましょう。

お互いに思いやることができれば、成婚まではもうすぐです。始めは自分から思いやりのある行動を取ることで、相手も同じように接してくれます。

初対面の時にも会話を続けるコツは「婚活で初めて会う時は緊張する?初対面でのNG行動や会話を続けるコツまで解説」で解説しているので、参考にしてみてください。

関連記事:モテる女性はマメな気遣いが重要?具体的な特徴やしつこくならないポイントまで解説

複数の結婚相談所から合うものを2〜3社に絞って集中する

複数の結婚相談所に登録することで、1つの相談所で活動するよりも出会えるお相手の数が多くなります。多くの方と出会えることで、理想のお相手との巡り合う可能性も高くなります。

しかし、デメリットとしては入会や活動費用が倍になってしまうため、基本的には結婚相談所は1社に絞って活動することがおすすめです。

費用面に余裕がある方は複数の結婚相談所に登録することもできますが、多くても2~3社に絞り、集中して活動することをおすすめします。

さらに詳しい結婚相談所の選び方は「失敗しない結婚相談所の選び方とは?複数登録するのがおすすめな理由や選ぶ基準を解説」をご覧ください。

関連記事:【体験談】結婚相談所で婚活するのはやめるべき?成婚後の離婚率まで解説

婚約までサポート可能な結婚相談所

婚活で出会いのきっかけ作りから相手の選び方まで、創業60年以上のノウハウを活用してサポートができるワンブランドは初めて婚活する方におすすめです。

プロフィールの作成からお見合いでの立ち振る舞い、交際、プロポーズまでいつでも相談できる環境が整っているので、結婚相談所が初めての人もぜひ検討してみてください。

ワンブランドが選ばれる理由をまとめてありますので、続きもご覧ください。

出会い方のパターンを選べる

また、婚活アドバイザーによる結婚相手の紹介だけでなく、登録者検索や婚活パーティといった出会い方のパターンを複数選べるため、初めての婚活でも安心して自分に合った出会い方を見つけられます。

理想の相手は、出会う人の中から選ぶ必要があります。だからこそ、多くの人と出会う機会を作り、自分にとって良い相手を見極める力が必要です。

ワンブランドでは、紹介数が多くフィーリング重視で結婚相手を推薦しているため、2人に1人程度が1〜6人とのお見合いだけで成婚が実現しています。

婚約までをサポートする成婚主義

マッチングアプリなどは出会いのきっかけを作るまでですが、ワンブランドではプロポーズ後の婚約までをサポートしています。

そのため、多くの出会いから各シーンでの相談まで分からないことがあっても安心して婚活に臨める環境を提供しています。

出会いの質も安心

サポート面だけでなく登録者の面でも真剣な婚活なら結婚相談所をおすすめします。なぜなら、いくら出会いが多くても相手が結婚を考えている人でなければ、成婚は実現しないからです。

つまり、出会いの質においても心配せずにご利用いただけるということです。

結婚を真剣に考えている相手との出会いから婚約までのサポートができるワンブランドを、ぜひ検討してみてください。

登録者の傾向については「会員プロフィール」をご覧ください。

プロフィール作りでよくある質問

プロフィールを作る中で、よく聞かれる質問を挙げてみます。ぜひ参考にしてみてください。

・結婚相談所のプロフィールの書き方は?

プロフィールに書く内容は、結婚相談所ごとに異なります。そのため、必ず必要というわけではありませんが、多くは以下の項目を記載することが多いです。

  • 氏名
  • 年齢
  • 生年月日
  • 現住所
  • 身長
  • 体重
  • 学歴
  • 職業
  • 年収
  • 婚姻歴
  • 趣味
  • 休日の過ごし方
  • 自己PR
  • 相手への希望
  • 自由記載欄
  • プロフィール写真


自由記載欄や自己PRなどは人柄が出やすい部分のため、丁寧に記載することがおすすめです。詳しく記載することで相手に安心感を与えることができます。

デートで行ってみたい場所や、理想の夫婦像などを書くことで相手から共感を得ることで、興味を持ってもらいやすくなります。

・結婚相談所のプロフィールの例文は?

女性の例文

数年前にアプリとSNSを使って婚活していましたが、既婚者の男性に騙されてとてもつらい思いを経験しました。この思いを引きずってしばらく婚活はやめていたのですが、でもこのまま一人で生きていくのは寂しいし親も心配しているので、結婚相談所を利用してみることにしました。

男性の例文

年齢的に「もう結婚は無理かもしれない。」との思いがよぎり不安でいっぱいになりました。お相手に対してあまり贅沢な希望や条件を出す年齢ではないと思っていましたが、40歳前後は結婚できない年齢ではないと言われ少し安心しました。できれば子供が欲しいので、相手も”子供が欲しい”という方と知り合えたらと思っています。

結婚相談所で異性に選ばれる方法についてのまとめ

今回は、結婚相談所で相手から選ばれるためのプロフィールの作り方を解説しました。

  • 正確な情報を書くことが大原則
  • 具体的でわかりやすい内容にする
  • 結婚への想いが伝わる理由を書く
  • 自分の良さを客観的にアピールする
  • 趣味などの項目も手を抜かない


幸せな生活のためには、理想的な相手と結婚することが第一歩です。そのためには、真剣な人とどれだけ出会えるか?価値観を重視して相手を見極められるか?といったことが特に大切です。

自然な出会いでは、真剣な人との出会いのきっかけは運頼みとなり、時間はどんどん過ぎてしまいます。後悔のない結婚ができるように、早めに結婚相談所の活用を視野に入れてみてください。

結婚相談所を利用するか検討する前に、相性の良い相手がいるかを「結婚相手マッチングシミュレーション」で簡単に分析できます。ぜひ試してみてください。

 

<結婚相談所に関するおすすめ記事>
【体験談】結婚相談所で婚活するのはやめるべき?成婚後の離婚率まで解説
失敗しない結婚相談所の選び方とは?複数登録するのがおすすめな理由や選ぶ基準を解説

<恋愛に関するおすすめ記事>
男性が好きな人に見せる脈ありサインとは?特徴的なしぐさから本音を見抜くコツを紹介

<婚活のコツに関するおすすめ記事>
結婚相手とどこで出会えば良いの?婚活のプロがゴールインまでのコツを紹介
後悔しない結婚相手を選ぶには?基準や見極めのコツを婚活アドバイザーが解説

婚活でお悩みの方はOne Brideにご相談ください

下記より無料で承っております。些細なことでも構いません。是非お気軽にご相談ください。

無料相談予約
Share

ご不明点などお気軽にお問い合わせください

相談
無料
0120-973-612

受付平日 10:00~19:00/土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休