婚活の交際期間が長引いたり、交際期間が短期間過ぎると、不安になったり交際期間について考えさせられることがあります。

しかし実際に交際期間はどれくらいなのかを知ることで、今の交際期間について冷静に考える機会になる場合もあります。

今回は、婚活での交際期間について、仮交際や真剣交際の期間の違いなども解説していきます。

">
成婚までを徹底サポート【結婚相談所ならワンブライド】

0120-973-612

平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00 ※火曜日定休

平日 10:00~20:00
土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休

- Blog -婚活お役立ちブログ

婚活における交際期間は?仮交際と真剣交際の期間の違いとは?

婚活の交際期間が長引いたり、交際期間が短期間過ぎると、不安になったり交際期間について考えさせられることがあります。

しかし実際に交際期間はどれくらいなのかを知ることで、今の交際期間について冷静に考える機会になる場合もあります。

今回は、婚活での交際期間について、仮交際や真剣交際の期間の違いなども解説していきます。

交際期間は婚活方法によって異なる

婚活の交際期間といっても、婚活の方法によって交際期間が異なってくる場合があります。

さらには仮交際と真剣交際では交際期間が異なります。

交際期間に明確な決まりはなく、交際期間が長引いたからデメリットが多かったり、交際期間が短いからといってメリットが多いかというとそうでもありません。

それぞれの関係において最適な交際期間があるため、あくまで参考として確認していきましょう。

 

恋愛結婚の交際期間

恋愛結婚の交際期間は、だいたい68ヵ月くらいが目安です。

あくまで目安となりますので、1年以上の交際期間に発展したとしてもデメリットがあるわけではありません。

あくまで、参考にできる目安の期間は68ヵ月くらいということであり、それより短くても長くても、互いの距離を縮めていくための時間は関係は一概に有るとはいいきれません。

 

結婚相談所で婚活する交際期間

結婚相談所を利用した婚活の交際期間は、恋愛結婚の交際期間よりも少し短く、46ヶ月くらいが目安と言われています。

恋愛結婚よりも交際期間が短い傾向にある理由は、結婚に対する意識が高い人同士が出会っているということが大きなポイントになっています。

また結婚を前提としたお付き合いをしているためであり、お互いのことを確認し合えたら結婚に向かう流れになりやすいことも理由のひとつです。

結婚相談所の婚活は二段階

恋愛結婚の流れは、出会ってから交際期間を経て結婚する、一本道となっており、わかりやすい構図となっています。

しかし結婚相談所の婚活は結婚までに二段階の交際期間を経て、結婚する流れとなります。

交際期間が二段階になるということのイメージがつきにくい人も多いため、どのような段階を経て結婚に向かうのか紹介していきます。

 

仮交際と真剣交際

結婚相談所の婚活では、交際期間が二段階あり、それぞれ仮交際と真剣交際という名称がついています。

仮交際から、お互いに良ければ真剣交際へと発展する流れとなっており、お見合いの後に互いに良ければ仮交際が始まります。

仮交際はお試し期間のようなもので、この期間中は並行して他の人と仮交際をしても問題ありません。

ただし、仮交際中には男女関係は禁止となっており、恋人関係でもない状態となります。

仮交際の期間について

仮交際はお試し期間のようなもので、相手と真剣交際を始めても良いかを見極める期間です。

そのため他の人と並行して仮交際をしていても問題はありません。

仮交際は一般的に3ヶ月となっており、それまでに真剣交際に発展したいか否かの考えをまとめる必要があります。

 

真剣交際にするタイミング

3ヶ月目のタイミングまでに、真剣交際をするかどうかを決める必要があります。

また仮交際している相手と真剣交際をすることになった場合、その後に新しいお見合いの予定を組むことはなく、並行して仮交際していた相手がいる場合にはお断りをする必要があります。

真剣交際へ切り替わるまでにすべきことは、相手の人柄や価値観を見極め、自分と相性が良いかどうかをしっかりと確認することです。

真剣交際の期間について

真剣交際も仮交際と同じく3ヶ月の期間が一般的で、次は結婚をするかどうかを見極める期間になります。

仮交際で相手のことはある程度判断してきていますが、いよいよ真剣交際は相手と結婚しても良いかを見極めることとなるため、文字通りより真剣に交際を深めていく期間になります。

また、仮交際の時に並行して何人かと仮交際をしていた場合も真剣交際になった時点でお断りしているため、複数の人を比べる期間から二人でじっくりと見つめ合う期間に切り替わることでもあります。

 

真剣交際で確認すべきこと

仮交際で互いの価値観などを確認していますので、真剣交際では具体的な結婚に向けての計画や、結婚生活に向けての決め事などを話していくことになります。

相手のご家族への挨拶や、結婚式から披露宴など、結婚に直接関係することはもちろん、新婚生活を始める住居や、家事の分担なども決めておくと結婚生活がスムーズに進みます。

真剣交際の間に決められることは決めておき、お互いの意見がそれぞれ違った場合には話し合って解決していくことも大切です。

話し合いができるかどうかは、今後の結婚生活にも大きく影響する為、この期間中に将来について話し合いができるかどうかを確認することも重要です。

 

真剣交際から成婚のタイミング

真剣交際も仮交際と同じく3ヵ月の期間で結婚するかどうかを決めることとなります。

しかし仮交際から真剣交際へ切り替わって間もなく成婚するカップルもいるため、3ヵ月はあくまで目安となっています。

また、真剣交際については交際期間の長さよりも、その内容の濃さが重要となります。

仮交際は相手のことを判断する期間でしたが、真剣交際は相手だけでなく今後の環境や将来について、場合によっては子どもについても考えて話し合う期間となるため、その長さよりも内容がしっかりしているかどうかが重視される期間です。

真剣交際期間中の進め方

仮交際は3ヵ月、真剣交際も3ヵ月という期間が一般的な長さとなっていますが、真剣交際期間中に確認すべきことはとにかく多く、また慎重に進めなければなりません。

真剣交際期間中の動き方や考え方によって、結婚できるかどうかが分かれるといっても過言ではありません。

決めなければいけないことは積極的に決めて、話し合いが必要な場合には積極的に話し合いをして、とにかく具体的に決めていく気持ちがとても大切です。

 

好きという気持ちは決め手にならない

お見合いから仮交際、仮交際から真剣交際に発展する結婚相談所での婚活は、結婚までに互いを好きで好きで仕方がないというほど燃えるような恋愛をすることは少ないと言われています。

むしろ、結婚相談所で結婚した場合には結婚してからが恋愛の本番という考え方もあるほどです。

恋愛結婚は好きという気持ちが前提ですが、好きという気持ちが先行しすぎると盲目的になってしまい、相手の事を冷静に見れなくなるケースもあります。

そのため、冷静に相手を見ることができる状態を維持することも、仮交際から真剣交際の期間中に気を付けたい心構えです。

交際期間中の疑問や悩みは相談

結婚相談所では結婚のプロに相談できる結婚相談という仕組みがあります。

交際期間中に相手に聞けないような疑問が浮上したり、悩んでしまった場合には、結婚のプロであるアドバイザーに相談することで解決の糸口を見つけてもらます。

第三者のアドバイスはとても有効に活用できるため、積極的に活用していくべきサービスです。

Share

ご不明点などお気軽にお問い合わせください

相談
無料
0120-973-612

受付平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休