60代になっても結婚したいと考える人も多く、遅すぎるということは決してありません。

結婚相談所を活用するなどして、積極的に婚活をすれば結婚は十分に可能です。

今回は60代での婚活において結婚相談所を活用するメリットや結婚を成功させるためのポイントについて解説していきます。

成婚するためのポイントを紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

">
成婚までを徹底サポート【結婚相談所ならワンブライド】

0120-973-612

平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00 ※火曜日定休

平日 10:00~20:00
土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休

- Blog -婚活お役立ちブログ

60代から始める結婚相談所での婚活とは?婚活のポイントを徹底解説!

60代になっても結婚したいと考える人も多く、遅すぎるということは決してありません。

結婚相談所を活用するなどして、積極的に婚活をすれば結婚は十分に可能です。

今回は60代での婚活において結婚相談所を活用するメリットや結婚を成功させるためのポイントについて解説していきます。

成婚するためのポイントを紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

60代での結婚とは?

60代になると結婚するには遅すぎると感じたり、身の回りのほとんどが既に結婚しているなど、結婚に対して抵抗を感じやすくなります。

しかし60代の婚活は珍しいことではなく、結婚相談所を活用するなどして結婚する人も多くいます。

年齢がネックとなり結婚を諦めてしまう場合もありますが、老後について考えた場合にも結婚は大変重要です。

結婚願望があるのであれば、60代の結婚は積極的に行動することで成婚が可能ですので、メリットや注意点を紹介していきます。

60代から結婚相談所を活用するメリット

恋愛結婚ができれば結婚相談所を活用する必要はありませんが、60代での出会いの場所は限られている場合も多く、なかなか恋愛結婚は難しいかもしれません。

結婚相談所を活用した婚活は、結婚相談所を介して理想の相手を探すことができ、成婚できる可能性が高くなります。

それでは60代から結婚相談所を活用するメリットについて解説していきます。

 

老後の不安が軽減できる

定年退職後、老後を迎える時に家族がいるかどうかによる安心感は大きく異なってきます。

伴侶がいることで孤独な老後を送る必要がなくなるなど、老後の不安について軽減できる部分も多くあるため、60代になって真剣に結婚を考える人も少なくありません。

結婚相談所を利用している人は結婚に対する意識が高いため、恋愛結婚よりも成婚に近道となる場合も多く、老後の不安が軽減できるメリットもあるため結婚相談所で婚活をする60代が多いのです。

 

効率的に結婚相手が見つかる

結婚相談所には先述の通り、結婚願望のある意識の高い人が登録しているということもあり、結婚の意思があるかどうかわからない恋愛結婚よりも効率的に結婚相手を探すことができます。

また理想の相手に求める条件から相手を探せることから、結婚願望のある理想の相手を効率的に探すことができるという大きなメリットがあります。

60代での婚活では、あまり何年もの時間をかけて婚活ができない場合もあるため、効率的に結婚相手が見つかる結婚相談所の利用が60代の婚活に最適と言えます。

 

初婚か再婚かが大きな問題ではなくなる

60代での婚活は再婚である場合も珍しくなく、これまでの人生経験の年数から再婚だからということだけで大きな問題を抱えていると判断されにくいのも、60代の婚活の特徴です。

様々な事情や、場合によっては死別といったやむを得ない事情で初婚ではない場合ことも多いため、20代や30代であまり良い印象を持たれない再婚であっても、60代では大きな問題にはなりません。

初婚かどうかよりも、老後も一緒にいられる相手かどうかが重視されるのが60代の婚活です。

 

成婚までのサポートが受けられる

結婚相談所では結婚のプロに結婚相談をすることができ、これが他の婚活方法との大きな違いでもあります。

60代での結婚は婚活そのものが不安になることもあり、あまり時間をかけられないこともあり気持ちの焦りが出る場合もありますが、結婚のプロに相談することで不安や焦りを軽減することができます。

また成婚までのサポートを受けながら婚活することで、より結婚までスムーズに進めることができるので結婚相談は積極的に利用したほうが良いと言えます。

60代の婚活を成功させる4つのカギ

60代の婚活では結婚相談所を活用することに大きなメリットがあることを紹介しましたが、メリットが多くても実際に誰でも簡単に確実に結婚できるわけではありません。

結婚をより確実に成功させるためのポイントを4つ紹介していきますので、ひとつずつ気持ちを整理しながら意識してみましょう。

 

ポジティブな気持ちを持ち続ける

なかなか理想の相手に出会えなかったり、成婚に至れない場合には、年齢的にも焦りが出てしまいネガティブな気持ちになりやすいもの。

しかしネガティブな気持ちや、焦った状態での婚活は相手にその暗い表情や焦りの気持ちが伝わってしまい、より結婚が遠ざかるという悪循環となってしまいます。

結婚は人生において大切な決断のひとつです。

まずは深呼吸をして、ポジティブな気持ちで婚活に取り掛かることが何よりも大切です。

 

アドバイスに耳を傾ける

結婚相談所では結婚のプロに相談することができますが、年齢を重ねるとなかなか素直にアドバイスを聞き入れることができないこともあります。

それはこれまでの人生経験から、そのアドバイスは違うと感じたり、否定的な意見を持ってしまったりしてしまうためです。

しかし結婚相談所のアドバイザーは多くの成婚をサポートしてきた結婚のプロですので、アドバイスは素直な気持ちで耳を傾け、実践することが成婚への近道となります。

 

老後を考えた相手選びをする

老後を一緒に過ごすこととなる相手を選ぶのが、60代の婚活で重要となってきます。

自身の余生を考えた場合に、例えば極端な例として20代の女性と結婚するといった大きな年齢差があると、将来的に結婚相手をひとり残してしまうこととなります。

老後を共に過ごすパートナーを選ぶ気持ちで相手を探すことが、自身と相手の今後の幸せな夫婦生活につながります。

 

理想を求めすぎない

理想の相手と結婚したいと思うのは年齢に関係なく誰でもそうですが、60代の婚活では特に理想が高すぎるとなかなか相手が見つからないことも多くあります。

しかし全く理想と異なる相手と結婚するのも考えもの。

そこで、まずは相手に求めている理想を紙などに書き出して、優先順位をつけてみましょう。

重要な理想条件から、あまり優先度の高くない条件までが整理でき、相手を探しやすくなります。

60代の婚活だからこそ注意すべき3つのポイント

60代の婚活ならではの注意点がいくつかあり、それぞれが婚活を進める中でトラブルになる可能性を含んでいます。

注意したい60代の婚活のポイントを3つ紹介していきます。

 

遺産目当てと誤解される

理想の相手を見つけた場合にも、相手に子どもがいる場合もあります。そうした場合に、相手の子どもや他の家族が結婚に反対するケースがあります。

反対するケースとしてよく耳にするのが、遺産目当てでの結婚と誤解されるパターン。

60代になって結婚する場合、遺産を目当てに結婚するのではないかといった財産に対する警戒心を持つご家族も多くいます。

そうした目的ではないことをしっかり理解してもらうよう立ち回る必要があります。

 

介護目的と誤解される

老後を一人で過ごすのではなく、結婚することにより介護をしてもらえる、といった理由で結婚するのではないかと疑われることもあります。

20代や30代の婚活ではこうした疑いをもたれる事はありませんが、60代での婚活ではこうした老後に関する不安や疑いを抱かれるケースも珍しくありません。

この誤解についても、相手や相手のご家族に誤解であることを理解してもらわなければなりません。

 

年齢制限がある

結婚相談所を活用した婚活について、結婚相談所によっては年齢の制限がある場合もあり、60代での登録が条件を満たしていないこともあります。

結婚相談所により条件は異なるため登録前に確認をしておくことをオススメします。

年齢の制限は上限だけでなく、20歳以上といった下限もあり、登録条件を満たしていない場合には結婚相談所を活用することができないため注意が必要です。

結婚相談所で生涯の出会いを

年齢の条件などを満たしている場合には、結婚相談所を活用した婚活が60代の結婚にとって最も効果的な手段です。

結婚相談所で結婚のプロに相談しつつ、理想の相手を探すことが効果的に理想の相手と結婚できる近道といえます。

今回紹介した注意点などに気を付けながら、積極的に婚活をしていきましょう。

Share

ご不明点などお気軽にお問い合わせください

相談
無料
0120-973-612

受付平日 10:00~20:00/土日祝 10:00~19:00
※火曜日定休